GENKYO 横尾忠則
原郷から幻境へ、そして現況は?

愛知県美術館

  • 開催期間:2021年1月15日(金)〜2021年4月11日(日)
  • クリップ数:4 件
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-2
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-3
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-4
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-5
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-6
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-7
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-8
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-9
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-10
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-11
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-12
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-13
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-14
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-15
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-16
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-17
《想い出と現実の一致》1998年 富山県美術館
《愛のアラベスク》2012年 作家蔵
《戦後》1985年(2017年ハラミュージアムアークでの展示風景) Photo by Shinya Kigure
作品所蔵および写真提供 公益財団法人アルカンシエール美術財団 原美術館
《TADANORI YOKOO》1965年 京都国立近代美術館
《花嫁》1966年 東京都現代美術館
《聖シャンバラ 火其地》1974年 東京都現代美術館
《解かれた第七の封印――画家の誕生》1991年 セゾン現代美術館
《浪漫主義者の接吻》1986年 愛知県美術館
《安らかに眠れ》1987年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《ミケランジェロと北斎の因果関係》1990年 横尾忠則現代美術館
《実験報告》1996年 東京都現代美術館
《暗夜光路 赤い闇から》2001年 東京都現代美術館
《想い出劇場》2007年 個人蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《ジュール・ヴェルヌの海》2006年 世田谷美術館
《トイレットペーパーと女》2017年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《追憶あれこれ》2019年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
横尾忠則 撮影:三部正博
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1
GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 愛知県美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

横尾忠則(1936年生まれ)は、1960年代初頭よりグラフィック・デザイナー、およびイラストレーターとして活動を開始し、日本の土俗的なモティーフとポップ・アート的な感覚を融合させた独自の表現により、世界的に高い評価を得ました。

その後、1980年代に、いわゆる「画家宣言」によって、「デザイナー」から「画家・芸術家」へと活動領域を移し、斬新なテーマと表現による作品を次々と発表して、国内外で現代美術家としても高い評価を得るに至ります。2000年代以降、国公立美術館での個展が相次いでおり、パリのカルティエ現代美術財団(2006年)をはじめ、近年では海外での発表も数多く行われています。

横尾忠則の個展は、特に2012年の横尾忠則現代美術館(神戸)の開館以降は、さまざまなテーマのものが数多く開催されており、現在もっとも著名で活動的な現代美術作家の一人と言ってもいいかもしれません。東海地方の美術館では初めての横尾展となる今回の展覧会は、作家の全面的な協力のもと、「作品による自伝」をテーマに、横尾忠則の芸術の全貌を、グラフィック作品を含めて多角的に、また歴史的に紹介することを試みます。

横尾忠則の作品には自伝的なエピソードや記憶を主題としたものが少なくありません。また、特に近年の作品においては、自己反復や自作のパロディ、パスティーシュを扱った、自己言及的なものが、かなりの頻度で見受けられます。反復される自己についての、自己の芸術についての「語り」は、横尾の芸術の重要な要素です。

この意味において、横尾の最近の絵画作品、および文学作品に現れる「原郷」という概念は、とくに注目に値するように思われます。それは、すべての人間の魂のふるさとであり、横尾の芸術の背後に存在する広大なイメージのリソースでもあります。画家が繰り返し立ち戻り、様々なイメージや記憶の連関を見出している、鬱蒼とした森のような領域。この「原郷」こそが、変幻自在でいつも新鮮な驚きをもたらしてくれる、その独特なイメージ世界が生み出される源泉なのです。

本展は、絵画を中心にグラフィック作品を加えた豊富な出品作品によって、横尾の生涯の展開をたどりながら、その芸術の全貌を明らかにしようとするものです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年1月15日(金)〜2021年4月11日(日)
会場 愛知県美術館 Google Map
展示室愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
住所 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
・月曜日が祝日にあたる場合はその翌日
・年末年始(12月28日から1月3日まで)および展示替え等による整理期間
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
高校・大学生 1,200円(1,000円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売料金
    ※上記料金で同時開催のコレクション展も観覧できます
    ※「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」のいずれかをお持ちの方、また、その手帳に「第1種」または「1級」と記載のある方に付き添われる方は1名まで当日料金が半額になります。美術館チケット売場にて手帳を提示し、購入してください(付き添いの方は申し出てください)
    ※前売券は、愛知県美術館10階チケット売り場では販売していません。前売券、当日券についての詳細は美術館ウェブサイトをご確認ください
    ※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、同時に多くの方が入館することを避けるため、本展では団体割引は行いません
TEL052-971-5511(代表)
URLhttps://www-art.aac.pref.aichi.jp/

愛知県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

愛知県美術館 愛知県美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

《想い出と現実の一致》1998年 富山県美術館

《愛のアラベスク》2012年 作家蔵

《戦後》1985年(2017年ハラミュージアムアークでの展示風景) Photo by Shinya Kigure
作品所蔵および写真提供 公益財団法人アルカンシエール美術財団 原美術館

《TADANORI YOKOO》1965年 京都国立近代美術館

《花嫁》1966年 東京都現代美術館

《聖シャンバラ 火其地》1974年 東京都現代美術館

《解かれた第七の封印――画家の誕生》1991年 セゾン現代美術館

《浪漫主義者の接吻》1986年 愛知県美術館

《安らかに眠れ》1987年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE