美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

開館20周年記念アートラボ
黒蕨壮彫刻展 刻まれたリアリティ

鹿児島県霧島アートの森

  • 開催期間:2020年4月25日(土)〜2020年5月31日(日)
開館20周年記念アートラボ  黒蕨壮彫刻展 刻まれたリアリティ 鹿児島県霧島アートの森-1
開館20周年記念アートラボ  黒蕨壮彫刻展 刻まれたリアリティ 鹿児島県霧島アートの森-2
開館20周年記念アートラボ  黒蕨壮彫刻展 刻まれたリアリティ 鹿児島県霧島アートの森-3
開館20周年記念アートラボ  黒蕨壮彫刻展 刻まれたリアリティ 鹿児島県霧島アートの森-1
開館20周年記念アートラボ  黒蕨壮彫刻展 刻まれたリアリティ 鹿児島県霧島アートの森-2
開館20周年記念アートラボ  黒蕨壮彫刻展 刻まれたリアリティ 鹿児島県霧島アートの森-3

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

幼少期から木彫に慣れ親しんできた黒蕨は、コンピュータ技師として働く傍ら木彫を続け、ほぼ独学で現在のスタイルを確立しました。

1980年代には全国各地の公募展で大賞を受賞するようになり、2015年には日本を代表する木彫作家対象の彫刻賞である平櫛田中賞を受賞するなど、高い評価を得ています。

黒蕨の作品は、モチーフの素材感をも写し取るような精巧さで、社会への問いかけや人の心の有り様について語りかけてきます。鑑賞者は、まるで吸い込まれるように作品と向き合い、日用品や人体の一部によって表された作家の思念に、自身や身近な人を投影するような気持ちになります。

本展は、屋内所蔵作品の中でも来館者に特に関心の高い《チョット休憩》(1985)を含む初期の作品から新作までを展示し、表現の連関から垣間見える黒蕨の活動の主題に触れるものとなるでしょう。

◆ 黒蕨 壮(くろわらび そう)
1951年、鹿児島県阿久根市生まれ、愛知県在住。1984年より彫刻家の堀内正和に師事し、第1回現代日本木彫フェスティバル(1988)、木の造形旭川大賞展(1996)で大賞。2015年に日本を代表する彫刻賞である平櫛田中賞を受賞。個展・グループ展での発表多数。主なパブリックコレクションに、北海道立旭川美術館(北海道)、網走市立美術館(北海道)、神奈川県立近代美術館(神奈川)、清須市はるひ美術館(愛知)、名古屋市美術館(愛知)、井原市立田中美術館(岡山)、相生森林美術館(徳島)など。本館開館1周年(2001)に行われたレジデンス事業に参加。2004年からは、鹿児島県湧水町のイベント「高原フェスタ チェンソーアート」の講師・審査・作品制作に参加し、彫刻の普及に多大な貢献をしている。湧水町ふるさと観光大使。本館コレクション作家。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年4月25日(土)〜2020年5月31日(日)
会場鹿児島県霧島アートの森Google Map
住所 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
5月7日
※祝日の場合は翌日休園、5月4日は開園
観覧料 一般 320円(250円)
高大生 210円(160円)
小中生 150円(120円)
幼児以下 無料
  • ※( )内は20人以上の団体料金
    ※鹿児島県内の70歳以上は無料、鹿児島県内の小中高生は土・日・祝日無料(年齢等の確認書類必要)
TEL0995-74-5945
URLhttp://open-air-museum.org/

鹿児島県霧島アートの森の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

鹿児島県霧島アートの森 鹿児島県霧島アートの森

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
鹿児島県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE