美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

鹿児島県霧島アートの森Kirishima Open-air Museum

鹿児島県霧島アートの森

鹿児島県霧島アートの森についてABOUT Kirishima Open-air Museum

鹿児島県霧島アートの森は、鹿児島県の新たな芸術交流拠点施設として、自然と調和した芸術性の高い彫刻作品等を展示し、優れた芸術作品や自然に触れ親しむことのできる施設として、2000年(平成12年)10月12日に開園した。

霧島アートの森は、鹿児島県北部、霧島山麓の湧水町・栗野岳中腹にあり、屋内展示の「アートホール」および野外作品を展示する「野外・樹林展示ゾーン」からなる。中核施設となるアートホールの建築は、早川邦彦の設計によるものである。

標高700mにある位置する、約13haという広大な野外高原の敷地に展示されている作品は、国内外で活躍のアーティストらが、実際にこの地を訪れ、展示作品の構想を練り、制作を完成させたオリジナル作品が展示されている。

メインゲートには、《シャングリラの華》草間彌生、入口からアートホールに向かう通路には《ほおずき・コブシの森》西川勝人、アートホール前には《浮くかたち-赤》植松奎二、その他、野外広場内には、《あなたこそアート》チェ・ジョンファ、《ストーン・セッティング》ウルリッヒ・リュックリーム、《サン・ルーツ》フィリップ・キング、《イザナミ・イザナギ・アマテラス》ルチアーノ・ファブロなどの作品が展示されている。

アートホールの室内展示作品には、《自由の外側》《待合席》重村三雄、《チャイナ・チャイナ・シリーズ―胸像 no.47 》アー・シャン、《無題》アニッシュ・カプーア、《ゆらよん変異形態》山口明子、《Changing Time with Changing Self No.25-W》宮島 達男、《フィジカル・パイ》村上 隆、《少年の記憶 III》池川 直、《ピラミッド #2》《チョット休憩 》ソル・ルウィット、《ミゼレーレ VIII》中村 晋也、《ニューリンの円》リチャード・ロング、《カプラパドゥの女》ラヴィンダル・G・レッディ、《青色のドーン》ニキ・ド・サンファル、《世界で最も有名なへぼピアニスト》ナムジュン・パイクなどがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220  TEL 0995-74-5945
鹿児島県霧島アートの森 [MAP]

利用案内INFORMATION

鹿児島県霧島アートの森 公式サイトURL
http://open-air-museum.org/
所在地
〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220
TEL 0995-74-5945
最寄駅
JR栗野駅 下車 湧水町営ふるさとバス(約20分~40分)、またはタクシーで霧島アートの森へ(約20分)
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日の場合は翌日
年末年始(12/29~1/2)
臨時休園(2月の第3月曜日~第4月曜日)
入館料・観覧料
(入園料)
一般 310円(240円)(620円/年)
高校生・大学生 200円(160円)(400円/年)
小学生・中学生 150円(120円)(300円/年)
※( )内は団体料金20名以上
※( /年)内は、年間パスポート料金
※幼児は無料です
※身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳のご提示のあった方と、その介護者1名は入園料免除となります
入館料・観覧料についての追記事項
新小学一年生無料入園”もりもりカード”のご案内はこちら
入園料減免のご案内はこちら
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かごしまけんきりしまあーとのもり

鹿児島県霧島アートの森 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

特別企画展「真鍋大度∽ライゾマティクスリサーチ」

開催期間:

真鍋大度(まなべ だいと)は、コンピュータやプログラミング技術を駆使して、従来のものごとに新たな見方を提示する作品を生み出すア...

特別企画展「真鍋大度∽ライゾマティクスリサーチ」

従来のものごとに新たな見方を作品で提示
本日より開催

コレクション展 <野外常設展>

鹿児島県霧島アートの森は、鹿児島県の芸術交流拠点施設であり、霧島地域の自然と調和した芸術性の高い彫刻作品を配置し、豊かな自然の...

コレクション展 <野外常設展>

各作家の構想によるオリジナル作品が設置
常設展

これまでに鹿児島県霧島アートの森で開催された展覧会

写真家 下薗詠子「脳内カオス」展

開催期間:

東京で活動していた下薗は、3.11(東日本大震災)をきっかけに、突如カメラを携え新しく住む場所を探す旅に出ます。 そして、鹿児島に...

写真家 下薗詠子「脳内カオス」展

濃密で刺激あふれる下薗ワールド
会期終了

井上涼展 夏休み! オバケびじゅチュ館

開催期間:

井上涼は、ポップな画風とユニークなアニメーション、そして一度耳にすれば忘れられない音楽など、様々な表現活動により独自の世界を展...

井上涼展 夏休み! オバケびじゅチュ館

本展のために制作した新作も!
会期終了

八田 隆 彫刻展―マグマの記憶―

開催期間:

八田隆は、鹿児島らしい黒々とした桜島溶岩を素材にして作品を制作しています。 荒々しい岩肌と繊細な配置による空間は、ズシンとくる...

八田 隆 彫刻展―マグマの記憶―

桜島溶岩を素材にして作品を制作
会期終了

大寺聡展「Ohtematic 2018」(オーテマティック ニイゼロイチハチ)

開催期間:

大寺は 3.11の震災以降、一極集中型社会の危うさを強く感じ取り、鹿児島(永吉)での暮らし...

大寺聡展「Ohtematic 2018」(オーテマティック ニイゼロイチハチ)

イラストレーションを通じて何が出来るか?
会期終了

篠崎理一郎展「インサイドダイバー」

開催期間:

篠崎理一郎は大学で数学を学ぶ傍ら、自身の内面や日常風景をペンによるドローイングで記録してきました。 そして、個展や国内外の展覧...

篠崎理一郎展「インサイドダイバー」

篠崎本人による公開制作も予定
会期終了

冬のコレクション展

開催期間:

屋内収蔵作品42点から精選した作品を紹介する展覧会。 ◆ 主な展示作品 オノ・ヨーコ 〈絶滅に向かった種族(2319-2322〉 ニキ・ド・...

冬のコレクション展

オノ・ヨーコ、ニキ・ド・サンファルなど
会期終了

パンダ絵師あごぱん展「パンダの森」

開催期間:

豊かな色彩、緻密な線、独特の構図で表現されるあごぱんの作品は、過去と現代が同居する鹿児島の町並みや、失われつつある伝統文化の要...

パンダ絵師あごぱん展「パンダの森」

鹿児島出身のパンダ絵師の作品世界
会期終了

ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展

開催期間:

ナムジュン・パイクは、世界で初めてテレビとビデオを用いた作品を発表し、ビデオアートの父として知られています。メディアやテクノロ...

ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展

ワタリウム美術館所蔵作品を主軸に
会期終了

森本千絵×中島信也〈森の中〉展 ~広告づくりの頭の中はアートの森~

開催期間:

今日の広告やデザインの第一線で活躍する2人のクリエーター,森本千絵と中島信也による展...

森本千絵×中島信也〈森の中〉展 ~広告づくりの頭の中はアートの森~

2人の個性が引き起こす様々な化学反応
会期終了

コレクション展4

開催期間:

鹿児島県霧島アートの森は、鹿児島県の芸術交流拠点施設であり、霧島地域の自然と調和した芸術性の高い彫刻作品を配置し、豊かな自然の...

コレクション展4

屋内収蔵作品から約20点を選抜展示
会期終了

コレクション展3

開催期間:

鹿児島県霧島アートの森は、鹿児島県の芸術交流拠点施設であり、霧島地域の自然と調和した芸術性の高い彫刻作品を配置し、豊かな自然の...

コレクション展3

屋内収蔵作品から約20点を選抜展示
会期終了

宮島達男展「生と死−命のひかり−」

開催期間:

LEDのデジタルカウンターによる作品で世界的な評価を獲得した宮島達男の、日本の美術館では6年ぶりの個展を開催します。 宮島の作品は...

宮島達男展「生と死−命のひかり−」

宮島達男の新たな挑戦
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE