美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

収集 → 保存 あつめてのこす

高知県立美術館

  • 開催期間:2020年4月4日(土)〜2020年5月17日(日)
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-1
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-2
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-3
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-4
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-5
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-1
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-2
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-3
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-4
収集 → 保存 あつめてのこす 高知県立美術館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「美術館」と聞いた時、まず思い浮かぶのは、きらびやかな作品が並ぶ展覧会のイメージではないでしょうか。しかし、華やかな展覧会の開催だけが美術館の使命ではありません。美術館はアートを「収集」し、次世代に託すために「保存」する現場でもあるのです。

本展では「収集」と「保存」という、美術館が司るふたつの機能に着目してコレクションを展観します。「収集」のセクションでは、「なぜこれがここにあるのか」という視点から、来歴や収蔵経緯、アート市場における評価など、収集にまつわる様々なエピソードを交えて作品を紹介します。

一方の「保存」では、高知県立美術館が1998年の高知豪雨水害で被災した歴史を踏まえた上で、作品修復や素材技法を調べるための科学分析、作り手であるアーティストへのインタビューといった多角的なアプローチを通し、姿かたちを持つ作品=モノを、美術館という制度で残し伝える営みが孕む限界と可能性を探ります。

美術館で作品を「あつめてのこす」にあたって生起する出来事や課題を知ることは、通常の鑑賞体験では見過ごされがちな、過去に作品と関わってきた人々の記憶に触れることにもつながります。

本展は、高知県立美術館のこれまでのコレクション形成の歴史を辿るだけでなく、作品の過去と未来の姿に思いを馳せ、地域における美術館の役割を再考する機会となるでしょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年4月4日(土)〜2020年5月17日(日)
会場高知県立美術館Google Map
住所 高知県高知市高須353-2
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 600円(480円)
大学生当日 400円(320円)
高校生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体割引料金
    ※年間観覧券所持者は無料。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料
TEL088-866-8000
URLhttp://moak.jp/

高知県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

高知県立美術館 高知県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
高知県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE