美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

生誕135年記念
川端龍子展―衝撃の日本画

広島県立美術館

  • 開催期間:2020年4月2日(木)〜2020年5月31日(日)
  • クリップ数:2 件
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-1
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-2
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-3
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-4
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-5
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-6
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-1
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-2
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-3
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-4
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-5
生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画 広島県立美術館-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「昭和の狩野永徳」と評され、横山大観・川合玉堂とともに「近代日本画の3巨匠」の一人に数えられる日本画家・川端龍子。

龍子は、和歌山市に生まれ、上京して若手の洋画家・挿絵画家として活動します。しかし、単身渡米した現地で日本の古美術にふれたことを機に、日本画に転向。翌年、再興日本美術院展において画壇デビューを果たします。

「一にも川端、二にも龍子」と言われる程、横山大観の信頼を得て、院展のホープとして将来を嘱望されました。

しかし、日本画を独学で学んだ龍子のあまりに大胆で豪放な表現は、繊細巧緻な画風が主流であった当時の院展内で軋轢を生み、美術院を脱退。翌年、「健剛なる芸術」の創造を目指した日本画団体・青龍社を旗揚げします。

それまでの日本にはなかった規格外の対策を次々と発表し、センセーションを巻き起こしました。

戦後は、在野の巨匠として青龍社で後進を育てながら、精力的に制作を続け、1959(昭和34)年には文化勲章を受章しました。

川端龍子の生誕135年を記念した本展では、大田区龍子記念館による全面協力のもと、50年以上にわたった龍子の画業全体を回顧します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年4月2日(木)〜2020年5月31日(日)
会場広島県立美術館Google Map
住所 広島県広島市中区上幟町2-22
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※4月2日は10:00開場
    ※金曜日は20:00まで開館
休館日 月曜日 
※5月4日は開館
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
高・大学生 1,000円(800円)
小・中学生 600円(400円)
  • ※( )前売・20名以上の団体料金
    ※学生券をお求めの際は学生証を要提示
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額
    ※本券で所蔵作品展も観覧できます
TEL082-221-6246
URLhttp://www.hpam.jp/

広島県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

広島県立美術館 広島県立美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
広島県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE