美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

feeling in glass ―感じとるかたち―

富山市ガラス美術館

  • 開催期間:2016年4月16日(土)〜2016年7月3日(日)
feeling in glass ―感じとるかたち― 富山市ガラス美術館-1
feeling in glass ―感じとるかたち― 富山市ガラス美術館-2
feeling in glass ―感じとるかたち― 富山市ガラス美術館-3
feeling in glass ―感じとるかたち― 富山市ガラス美術館-1
feeling in glass ―感じとるかたち― 富山市ガラス美術館-2
feeling in glass ―感じとるかたち― 富山市ガラス美術館-3

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

富山市では、2002年から2011年にかけて「現代ガラス大賞展」を開催してきました。この公募展は日本に活動拠点を置き、ガラスを表現媒体として制作を行う作家たちのガラス作品に注目し、<21世紀の多様なガラス芸術とその展開の可能性>を探ることを目的としています。

本展では、「現代ガラス大賞展」に出品し、さらに自身の作品世界を深め、活動の場を広げた作家たち10名に焦点をあてます。

作家たちは、鋳金や陶芸、絵画、建築などの多様な分野への興味を通じて、ガラスと出会い、この素材を用いた造形表現に可能性を見出していきます。吹きガラスやキャスト、コールド・ワーク、積層などといった専門的な技法を作家たちは体得しながら、同時に実験的な制作行為によって表現を探求してきました。その中で、垣間見られるガラスの表情、例えば高温で熱せられたガラスが柔らかく溶け輝く瞬間や、冷え固まったガラスに溜まる、或いは反射し拡散する光の様子、研磨によって石や水の様に変化するガラスの質感など、ガラスの性質がみせる神秘的な美しさは、作家たちの内なる創作意欲を喚起させます。作家たちは、このようなガラスの多様な表情から着想を得ることによって、彼らが目を向ける自然や、自身の精神、記憶、人間の営為といった各々のテーマをかたちへと体現し、唯一無二の作品を生み出していきます。

「feeling in glass -感じとるかたち-」は、作家たちが制作を通じて、ガラスという素材に触れ、感じとることをきっかけとして、自身の表現方法、作品世界を切り開いていく様相を表しています。本展では、ガラスとの対話によって新しいかたちを生み出しつづける作家たちの視点、制作姿勢を捉え、現在進行形のガラス表現を提示していきます。

◆ 出品作家
大村俊二、扇田克也、奥野美果、小田橋昌代、小曽川瑠那、小島有香子、塚田美登里、新實広記、西悦子、本郷仁

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年4月16日(土)〜2016年7月3日(日)
会場富山市ガラス美術館 展示室1・2・3Google Map
住所 富山県富山市西町5番1号 [MAP]
時間 9:30〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※金・土曜日は20:00まで(最終入館時間19:30)
休館日 第1第3水曜日
※ただし、5月4日(水)、5月6日(金)、6月1日(水)は開場し、5月11日(水)、6月6日(月)は閉場します
観覧料 一般 700円(500円)
大学生 500円(300円)
高校生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※本展観覧券で常設展もご覧いただけます。
TEL076-461-3100
URLhttp://toyama-glass-art-museum.jp/exhibition/feeling-in-glass/

富山市ガラス美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

富山市ガラス美術館 富山市ガラス美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
富山県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE