美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ニューヨーク・アートシーン
ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで
ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に

和歌山県立近代美術館

  • 開催期間:2019年6月8日(土)〜2019年9月1日(日)
  • クリップ数:1 件
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-1
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-2
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-3
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-4
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-5
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-6
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-7
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-8
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-1
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-2
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-3
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-4
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-5
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-6
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-7
 ニューヨーク・アートシーン ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで ー滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 和歌山県立近代美術館-8

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

第二次世界大戦後、ニューヨークは多くの画期的な表現を生み出しました。

大戦中、戦火を逃れてヨーロッパから移り住んだ多くの作家たちによって伝えられた近代美術はアメリカの若い作家たちを刺激し、新しい意欲的な表現へと道を開いたのです。

当時最先端の表現であったキュビスムとシュルレアリスムを乗り越えようとする試みはアクションという画家の激しい身振りの結果として、あるいは広漠とした色面の広がりとして、抽象表現主義と呼ばれる絵画を生み出しました。

男性用便器を展覧会に出品したマルセル・デュシャンのダダ的な行為は、生活と芸術を等価とみなすネオ・ダダと呼ばれる作家たちに影響を与え、大衆文化への関心は大量消費社会を背景にポップ・アートというアメリカ独自の美術として花開きます。

一方で1960年代以降、美術の根源を探るきわめて禁欲的、還元的な美術も同じニューヨークに登場します。そして現代美術の首都とも呼ぶべきニューヨークでは多くの日本人作家たちも活躍し、その中には草間彌生や河原温のように今日世界的な注目を浴びる作家も多く存在しました。

今回の展覧会では現在改修のため休館中の滋賀県立近代美術館が所蔵する日本屈指の戦後アメリカ美術のコレクションを中心に、国内に所蔵される優品を加え、100点余りの作品によって、ニューヨークという都市において展開したアメリカ美術の半世紀の歴史を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年6月8日(土)〜2019年9月1日(日)
会場和歌山県立近代美術館Google Map
住所 和歌山県和歌山市吹上1-4-14 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
7月16日(火)、8月14日(火)
※7月15日(月)、8月13日(月)は開館
観覧料 一般 800円(640円)
大学生 500円(400円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料
    ※毎月第4土曜日(6月22日、7月27日、8月24日)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
TEL073-436-8690
URLhttp://www.momaw.jp/

和歌山県立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

和歌山県立近代美術館 和歌山県立近代美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 講演会「ニューヨーク美術の半世紀」
講師:尾崎信一郎
(鳥取県立博物館副館長兼美術振興課長)
6月8日(土)14時30分から 2階ホールにて
(14時開場、先着順120名)

◆ トークイベント
「ニューヨーク・アートシーンと音楽」
講師:荏開津広(DJ/ライター/京都精華大学非常勤講師)
8月11日(日・祝)14時から 2階ホールにて
(13時30分開場、先着順120名)

◆ フロアレクチャー(学芸員による展示解説)
7月15日(月・祝)、8月24日(土)
いずれも14時から 展示室にて(要観覧券)

◆ こども美術館部「アートのるつぼのつぼ」
(小学生対象の作品鑑賞会)
6月29日(土)11時~12時
・小学生は無料
・同伴される保護者は要観覧券
・2日前までにメールか電話で要申込
メール:bijutsukanbu[at]gmail.com
※メールアドレスは[at]を@に変えてください。
電話 073-436-8690)

◆ だれでも美術館部
(みんなでお話をしながら楽しむ作品鑑賞会)
6月29日(土)14時から 展示室にて(要観覧券)

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
和歌山県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE