美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展

熊本県立美術館

  • 開催期間:2019年7月20日(土)〜2019年9月1日(日)
  • クリップ数:3 件
テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展 熊本県立美術館-1
テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展 熊本県立美術館-2
テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展 熊本県立美術館-1
テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展 熊本県立美術館-2

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

歌川広重は、言わずと知れた名作「東海道五拾三次」を世に送り出した浮世絵師です。

広重の魅力は何か、それは臨場感あふれる風景画の上手さなのではないでしょうか。広重の風景画は、単なる風景画ではありません。あくまでも人間が主役となっているのです。旅人の哀歓やその土地の生活、移りゆく四季折々の自然や風物を、詩情豊かに謳いあげる、実に人間臭い風景画だと云えます。

また、広重の風景画は、フランスの後期印象派の画家たちをも魅了しました。特に、フィンセント・ファン・ゴッホは、浮世絵の影響を強く受けた画家の一人であり、遥か東洋の国・日本の江戸に思いを馳せ、広重晩年の名作「名所江戸百景」シリーズの「亀戸梅屋敷」や「大はしあたけの夕立」を模した名作を、この世に残しました。

本展覧会は、歌川広重・不動の名作「東海道五拾三次」保永堂版と、鳥瞰図「五十三次名所図会」の比較展示をはじめ、風景画の名手と呼ばれる広重の「名所江戸百景」まで、郷愁と叙情の世界を、四季の雪月花になぞらえて約200点を紹介します。

また、参考出品として、英山、豊国、国貞など、名だたる絵師たちによる名品を、こちらも雪月花をテーマに、特別展示します。

日本の風土の美しさを求めて旅した広重。広重が描いた日本の原風景は、私たち日本人を郷愁へと誘い、新たな日本を見せてくれるに違いありません。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年7月20日(土)〜2019年9月1日(日)
会場熊本県立美術館 本館1階展示室Google Map
住所 熊本県熊本市中央区二の丸2番 [MAP]
時間 9:30〜17:15(最終入場時間 16:45)
休館日 月曜日 
月曜祝日の場合は開館、翌日休館
※7月29日(月)は「障がいのある方々の鑑賞デー」として開館
※8月6日(火)~8月18日(日)は連続開館
観覧料 大学生以上 1,200円(1,000円)
小中高生 700円(500円)
  • ※( )内は前売および20名以上の団体料金
    ※未就学児無料 障がい者手帳をお持ちの方無料
TELテレビ熊本事業部 096-351-1140(平日10時~17時) /熊本県立美術館(本館) 096-352-2111
URLhttps://www.tku.co.jp/event/hiroshige2019/

熊本県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

熊本県立美術館 熊本県立美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 障がいのある方々の鑑賞デー
通常休館日である月曜日を臨時開館とし、障がいのある方々もゆっくりと展覧会を観覧できるイベントです。午前・午後に分けて、学芸員による手話通訳付きの解説も行なわれます。一般の方も参加できますので、ぜひ来館下さい。
日時:7月29日(月)

◆ おしゃべり鑑賞タイム
「子ども美術館」開催日の正午から午後2時までの2時間を「話しながら鑑賞してもよい」時間帯とするものです。家族や友達とお話ししながら鑑賞を楽しめます。
日時:8月4日(日)12:00~14:00

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
熊本県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE