美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展 師・黒田清輝 妻・鴇田とみ
藤田嗣治 東京美術学校から渡仏へ

秋田県立美術館(平野政吉コレクション)

  • 開催期間:2019年11月30日(土)〜2020年1月26日(日)
特別展 師・黒田清輝 妻・鴇田とみ 藤田嗣治 東京美術学校から渡仏へ 秋田県立美術館(平野政吉コレクション)-1
特別展 師・黒田清輝 妻・鴇田とみ 藤田嗣治 東京美術学校から渡仏へ 秋田県立美術館(平野政吉コレクション)-2
特別展 師・黒田清輝 妻・鴇田とみ 藤田嗣治 東京美術学校から渡仏へ 秋田県立美術館(平野政吉コレクション)-1
特別展 師・黒田清輝 妻・鴇田とみ 藤田嗣治 東京美術学校から渡仏へ 秋田県立美術館(平野政吉コレクション)-2

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

藤田嗣治は1905年、東京美術学校西洋画科に入学し、黒田清輝の指導を受けます。卒業後の1913年に渡仏した藤田は、パリの美術潮流に触れ、東京美術学校での教育を批判することになります。

フランスでアカデミックな絵画教育を受け、西洋画を日本に移植しようとした黒田。西洋と日本を融合させた独自の画風をパリで確立した藤田。二人の画家は西洋美術の深奥を感得し、その上でそれぞれの画業を展開させました。

本展は、藤田の1910年代に焦点をあて、東京美術学校在学中に制作した人物画、近年発見された《榛名湖》など渡仏前に描いた風景画を展示します。また渡仏後に新婚の妻・鴇田とみへ差し出した藤田の書簡を披露し、画家として目差した方向性や妻への想いを紹介します。

黒田については、在仏中の作品、および帰国後に描いた「構想画」の下絵などを展観し、あわせて黒田が監修した東京駅壁画の資料から、日本の近代化と向き合った画家の姿を浮かび上がらせます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年11月30日(土)〜2020年1月26日(日)
会場秋田県立美術館(平野政吉コレクション)Google Map
住所 秋田県秋田市中通1丁目4-2 [MAP]
時間 10:00〜18:00
  • ※竿燈期間中などは、開館時間を延長する場合があります。
休館日 12月30日(月)~2020年1月1日(水)
観覧料 一般 800円(640円)
学生 500円(400円)
シニア 720円
高校生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金、シニアは70歳以上
TEL018-853-8686 / 018-833-5809
URLhttps://www.akita-museum-of-art.jp/

秋田県立美術館(平野政吉コレクション)の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

秋田県立美術館(平野政吉コレクション) 秋田県立美術館(平野政吉コレクション)

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 講演会「藤田嗣治と黒田清輝ー裸婦と構想画という視点から」
講師:山梨絵美子氏(独立行政法人国立文化機構 東京文化財研究所 副所長)
日時:12月15日(日)14:00~15:30
会場:1Fレクチャールーム
定員:40名
※参加希望の方は事前に電話等でお申込みください。観覧券または年間パスポートが必要です。

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
秋田県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE