EXHIBITION

印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション

名古屋市美術館

  • 開催期間:2019年4月9日(火)〜2019年5月26日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:1 件
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-2
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-3
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-4
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-5
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-6
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-7
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-8
ピエール=オーギュスト・ルノワール シュザンヌ・アダン嬢の肖像 1887年 パステル/紙 61.0×49.2 cm 吉野石膏コレクション
クロード・モネ ヴェトゥイユ、サン=マルタン島からの眺め 1880年 油彩/カンヴァス 60.4×79.4 cm 吉野石膏コレクション
エドガー・ドガ 踊り子たち (ピンクと緑) 1894年 パステル/紙 66.0×47.0 cm 吉野石膏コレクション
クロード・モネ サン=ジェルマンの森の中で 1882年 油彩/カンヴァス 81.0×65.0 cm 吉野石膏コレクション
クロード・モネ 睡蓮 1906年 油彩/カンヴァス 81.0×92.0 cm 吉野石膏コレクション
ジャン=フランソワ・ミレー 群れを連れ帰る羊飼い 1860-65年 油彩、パステル、インク、黒コンテ/カンヴァス 46.5×56.0 cm 吉野石膏コレクション
フィンセント・ファン・ゴッホ 雪原で薪を運ぶ人々 1884年 油彩/カンヴァス(板に貼付) 67.0×126.0 cm 吉野石膏コレクション
ポール・セザンヌ マルセイユ湾、レスタック近郊のサン=タンリ村を望む 1877-79年 油彩/カンヴァス 64.5×80.2 cm 吉野石膏コレクション
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1
印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション 名古屋市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本における西洋美術のコレクションは今から百年ほど前、第一次世界大戦が終了した1910年代の末に本格的に始まります。

松方幸次郎、大原孫三郎、福島繁太郎といった人々が、日本の西洋美術コレクションの中核となる作品を収集したのがこの時期です。その後も日本人の西洋美術に対する情熱は衰えず、数々の優れたコレクションが形成され、現在に至っています。

石膏建材メーカーとして知られる吉野石膏株式会社は、1970年代から本格的に絵画の収集を開始し、2008年には吉野石膏美術振興財団を設立。コレクションのさらなる拡充と調査研究を推進してきました。

そうして形成された西洋近代美術のコレクションは、質量ともに日本における歴代のコレクションに勝るとも劣らぬ内容を誇っています。現在、その多くは創業の地、山形県の山形美術館に寄託され、市民に親しまれています。

本展ではバルビゾン派から印象派を経て、その先のフォーヴィスムやキュビスム、さらにエコール・ド・パリまで、大きく揺れ動く近代美術の歴史を72点の作品によってご紹介します。

ミレー、ドガ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ピカソなどの出品作はいずれ劣らぬ名作ばかりで、とりわけピサロ、モネ、シャガールの三人は、各作家の様式の変遷を把握できるほどに充実しており、見応え十分です。

吉野石膏コレクションが誇る西洋近代美術の傑作の数々をまとめて紹介する展覧会は中部地方では初めてです。知られざる珠玉の名品を、どうぞこの機会にご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年4月9日(火)〜2019年5月26日(日)
会場 名古屋市美術館 Google Map
住所 愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※金曜日(5月3日は除く)は20:00まで
    (最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
5月7日(火)
※4月29日、5月6日は開館
観覧料 一般 1,300 円(1,100円)
高大生 900 円(700円)
中学生以下 無料
  • ※( )20人以上の団体及び前売料金
TEL052-212-0001
URLhttp://www.art-museum.city.nagoya.jp/

名古屋市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

名古屋市美術館 名古屋市美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

憧れの吉野石膏コレクション 遠く山形美術館より名古屋に

印象派中心で、コローからシャガールまでの洋画ばかりです。モネやルノアールも素敵ですがキスリングの「背中をむけた裸婦」がお薦めです。又、ルオーの「占い師」は個性的な額装に魅力倍増。以前何処かで見た画あり、初めて出会う作品あり、ボリュームもありでした。
常設展示も企画展に合わせ キスリングの大作が一番に飾られてガラスケースやカバーも無く、近づいてゆっくり鑑賞出来ます。常設展特別企画の平櫛田中展もお薦め、籔内佐斗司の作品もイイ。
※こちらのコインロッカーはカウンターにある専用コインを使います。100円玉を入れると戻ってこないので要注意です。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE