美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特集展示 「吉祥のかたち」

国立歴史民俗博物館

  • 開催期間:2019年1月5日(土)〜2019年2月11日(月・祝)
  • クリップ数:2 件
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-2
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-3
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-4
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-5
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-2
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-3
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-4
特集展示 「吉祥のかたち」 国立歴史民俗博物館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

吉祥とは、良いきざし、めでたいしるしを意味する言葉です。絵画や工芸品の中には、吉祥にかかわる意味や願いを込めて制作されたものが少なくありません。

歴史的に何度も何度も繰り返して表現され、定番と化した図像やモティーフの組み合わせには、特定の吉祥の意味づけがなされている場合が多くあります。例えば、松竹梅や鶴亀がめでたさの象徴であることは、良く知られています。

吉祥を意味する図像やモティーフの組み合わせには、中国の伝説や思想に端を発するものも多くありますが、能の祝言曲の『猩々』や浦島太郎の物語のように、日本で芸能や説話にとりいれられ、独特の展開が見られることがあります。

また、細かな相違では、長寿を象徴する鶴は、中国では白鶴なのが日本では白鶴に限らないこと、亀は、中国では三千年生きるとされていたのが日本では一万年になっていること、鯉の瀧のぼりの鯉は、中国では角が生えかけているのが日本ではそうではないこと、などがあげられます。

このたびの特集展示では、そうした日本での展開に留意しつつ、吉祥にかかわる絵画や工芸品を歴博の所蔵品の中から選んで展示し、図像やモティーフに託された意味を読み解いていきます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年1月5日(土)〜2019年2月11日(月・祝)
会場国立歴史民俗博物館Google Map
住所 千葉県佐倉市城内町117 [MAP]
時間 9:30〜16:30(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館
観覧料 一般 420円(350円)
高校生・大学生 250円(200円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体
    ※毎週土曜日は高校生入館無料
    ※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料
    ※高校生及び大学生の方は、学生証等要提示
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.rekihaku.ac.jp/

国立歴史民俗博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立歴史民俗博物館 国立歴史民俗博物館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
千葉県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE