美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

没後400年 雲谷等顔展

山口県立美術館

  • 開催期間:
没後400年 雲谷等顔展 山口県立美術館-1
没後400年 雲谷等顔展 山口県立美術館-2
没後400年 雲谷等顔展 山口県立美術館-3
没後400年 雲谷等顔展 山口県立美術館-1
没後400年 雲谷等顔展 山口県立美術館-2
没後400年 雲谷等顔展 山口県立美術館-3

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

本年は、雲谷派の祖・雲谷等顔(うんこくとうがん 1547~1618)の没後400年に当たり、山口県立美術館ではこの節目の年に記念展を開催します。

本展は1984年に当館で開催した「雲谷等顔と桃山時代」展以来、34年ぶり、史上最大規模の大回顧展となります。

等顔は、桃山画壇4巨匠の一人ですが、狩野永徳や長谷川等伯など豪壮な絵を描いた絵師に比べると、“雪舟の後継者”として水墨画を本領としたためか、地味なイメージを持たれがちです。

しかし、墨を極め、その魅力を知り尽くした等顔が繰り出す表現は幅広く、とくに山水画のジャンルにおいて到達した境地は、桃山時代随一といっても過言ではありません。

等顔は毛利輝元側近の絵師・文化アドバイザーとして、山口を拠点にしながら、京都では名立たる禅僧たちと交流し、寺院でも数多く筆をふるうなど大いに活躍しました。

今回は国内の等顔の代表作をはじめ、アメリカのボストン美術館からも名品が里帰りします。戦国から泰平の世へと移行する激動期において、水墨画の多彩な表現を模索した雲谷等顔の画業と実像を、息子や弟子の作品、歴史資料、新発見・初公開を含む82件の作品によって紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場山口県立美術館 [MAP]
住所 山口県山口市亀山町3-1
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
ただし11/5、12/3は、ファーストマンデーのため開館
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
シニア・学生 1,100円(900円)
18歳以下 無料
  • ※シニアは70歳以上の方、( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
    ※高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料
    ※障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料
TEL083-925-7788
URLhttp://www.yma-web.jp/

山口県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

山口県立美術館 山口県立美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
山口県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE