ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」
珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで

ひろしま美術館

  • 開催期間:2018年10月13日(土)〜2018年12月16日(日)
  • クリップ数:2 件
  • 感想・評価:1 件
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-1
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-2
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-3
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-4
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-5
クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃 石橋財団ブリヂストン美術館
ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年 石橋財団ブリヂストン美術館
ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃 石橋財団ブリヂストン美術館
アンリ・ルソー《イヴリー河岸》1907年頃 石橋財団ブリヂストン美術館
アンリ・マティス《青い胴着の女》1935年 石橋財団ブリヂストン美術館
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-1
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-1
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-1
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-1
ひろしま美術館開館40周年記念「ブリヂストン美術館展」珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで ひろしま美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ブリヂストン美術館は1952年、東京の京橋に新築された同社ビル内に開館しました。

「世界の人々の楽しみと幸福のために」という基本理念のもと、ニューヨーク近代美術館のように、街中にあって気軽に立ち寄ることができる美術館を目指したといいます。

創設者である石橋正二郎氏の個人蒐集から始まったそのコレクションは、その後石橋財団に引き継がれて今日まで発展してきました。

その数は2,600点にのぼり、古代ギリシア彫刻から日本近代洋画、現代美術にいたるまで幅広いコレクションを収蔵しています。なかでも印象派を中心とするフランス近代絵画のコレクションは名だたる作品が揃っており、国内外から注目を集めています。

ひろしま美術館では、開館間もない1981年にブリヂストン美術館との「コレクション交換展」を開催していますが、開館40周年を迎えた本年、約40年ぶりに広島での公開が実現します。

現在、ブリヂストン美術館は新美術館建設中のため休館しており、この機会に、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、マティス、ピカソなど、印象派を中心とした30人の画家による名品76点を選りすぐり、一堂に展覧します。

ひろしま美術館のフランス近代絵画とあわせてご覧いただける貴重な機会を、どうぞお見逃しなく!

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年10月13日(土)〜2018年12月16日(日)
会場 ひろしま美術館 Google Map
住所 広島県広島市中区基町3-2(中央公園内)
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • 金曜日は19:00まで開館(最終入場時間 18:30)
    ※10月13日(土)は10:00からの開会式終了後に開場
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 1,400円(1,200円)
高大生 1,000円(800円)
小中学生 600円(400円)
  • ※( )内は、前売りまたは団体20人以上料金
    ※本展と常設コレクション展示(フランス近代美術)は共通のチケットとなります。常設コレクション展示のみのチケットは販売していません。
    ※障がい者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1人が無料
    ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます(1,400円→1,200円)。当日受付に年齢確認の出来るものをご提示ください。
TEL082-223-2530
URLhttps://www.hiroshima-museum.jp/

ひろしま美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

ひろしま美術館 ひろしま美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

3.0

広島で観られる貴重な機会

ブリヂストン美術館休館中だからこそ借りられた貴重な絵画の数々。
初めて行ったんですが、入ってすぐがミュージアムショップになっていたので、ここが美術館?と一瞬戸惑いました。
会場は少し狭い。

モネやセザンヌ、ピカソも観ることができました。
多少混んでいましたが順番ではなく、あいている絵のところから見て行くと近くからゆっくり観られました。
ピカソは真面目なものと奇抜なものが両方あり、この絵を描く人がどうしてこうなった、と困惑しながら見くらべ。
モネのグラデーションは筆づかいまでしっかり見られます。
どの絵も印象深くてさすがに満足感が高い。

図録も買えばよかったと少し後悔しましたが、販売されているグッズの中で、個人的にメインだった「すわるジョルジェット嬢」の顔色補正が強すぎて萎えました。
確かに実物の絵を見た瞬間、「体だけじゃなく顔にも青色を使うって……」と感じましたが、画家が完成させた状態が最上だと思うので、ああまでベージュを強調されると実物との乖離が激しく。
普段なら気に入った絵の額絵は必ず買っていますが、それが理由で何も買いませんでした。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
広島県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃 石橋財団ブリヂストン美術館

ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年 石橋財団ブリヂストン美術館

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃 石橋財団ブリヂストン美術館

アンリ・ルソー《イヴリー河岸》1907年頃 石橋財団ブリヂストン美術館

アンリ・マティス《青い胴着の女》1935年 石橋財団ブリヂストン美術館

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE