美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」

国立公文書館

  • 開催期間:2018年7月21日(土)〜2018年9月1日(土)
  • クリップ数:3 件
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-1
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-2
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-3
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-4
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-1
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-2
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-3
平成30年度第2回企画展「平家物語 妖しくも美しき」 国立公文書館-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

諸行無常の武士たちのドラマ――その背後に暗躍する怨霊・天狗・魑魅魍魎!

平家一門の栄枯盛衰を描いた『平家物語』には、教科書にも掲載される有名なエピソードのほかにも、不思議な逸話が多く収められています。平清盛生誕から900年を迎えるこの夏は、源平合戦の背後に蠢く妖しくも美しい”モノ”たちの声に耳を傾けてみませんか?

◆ 主な展示資料

『平家物語』
画像は『平家物語』の冒頭部分、巻一「祇園精舎」。本書は金泥・銀泥の下絵が施された美麗な豪華本で、紅葉山文庫に所蔵されていたことから「秘閣粘葉本」の通称で知られています。「秘閣」とは紅葉山文庫の別称。また「粘葉」とは和本の綴じ方のひとつを指します。

『頼政記』
平家打倒を掲げて挙兵した源頼政に関する記事をまとめた写本で、『平家物語』の異本のひとつに数えられています。物語によれば、頼政は紫宸殿に現れた謎の怪鳥「鵺」を弓で射落として退治し、近衛天皇から褒美に「獅子王」という太刀を下賜されたといいます。和学講談所旧蔵。

『源平盛衰記』
『平家物語』の異本のひとつ『源平盛衰記』のうち、宝永4年(1707)に横型絵入り本として出版されたもので、内務省の旧蔵書。挿絵は、平忠盛(清盛の父)に、池から現れた大蛇が襲い掛かろうとしている場面です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年7月21日(土)〜2018年9月1日(土)
会場国立公文書館Google Map
住所 東京都千代田区北の丸公園3番2号 [MAP]
時間 9:15〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 日曜日 祝日 
8/11(土・祝)
観覧料 無料
TEL03-3214-0621(代表)
URLhttp://www.archives.go.jp/

国立公文書館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立公文書館 国立公文書館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE