美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-1
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-2
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-3
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-4
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-5
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-6
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-7
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-8
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-9
若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ― 紹介画像-10

若江漢字 “存在論への問い” Photo Object ― 写真、70年代から現在 ―

カスヤの森現代美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
日常を視点を変えて捉えることにより再認識する試みを写真作品によって行うPhoto Objectによる作品を新旧併せて展観
手法に捕われず、様々なメディアを用いて作品を制作し幅広い活動を続けている若江漢字(わかえかんじ)。今展では1970年代から継続して制作されている写真を用いた"Photo Object"による作品を新旧併せて…Read More
  • ※クリップとは?

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

手法に捕われず、様々なメディアを用いて作品を制作し幅広い活動を続けている若江漢字(わかえかんじ)。今展では1970年代から継続して制作されている写真を用いた"Photo Object"による作品を新旧併せて展観します。

1960年代後半から70年代初頭にかけて日本では絵画や彫刻と言った従来の美術を解体する新しい表現方法の1つとして、写真を用いた美術作品を発表する作家が多数現れ、なかでも若江は事物の「視かた」や「見えかた」など人の視覚に関する問題に着目し、様々な作品を制作、高い評価を得ました。

その後、他の作家の多くが再び写真表現から離れ一過性に終わる傾向がありましたが、若江は他の表現と並行して現在もモチーフや手法を変化させながら、日常を視点を変えて捉えることにより再規定(認識)する試みを写真作品(Photo Object)を通して行っています。

また、昨今海外における日本の作家に対する再評価がなされている中で、若江が1972年に制作した写真作品がポンピドゥー・センター国立近代美術館(フランス)に収蔵されるなど、1960年代後半から70年代初頭にかけて様々な作家が手掛けた現代美術としての写真作品に対しても再評価の気運が高まっています。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場カスヤの森現代美術館 [MAP]
住所 神奈川県横須賀市平作7-12-13
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 火曜日 水曜日 
観覧料 一般 600円
学生 500円
小学生 300円
TEL046-852-3030
URLhttp://www.museum-haus-kasuya.com/index000.htm

カスヤの森現代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

カスヤの森現代美術館 カスヤの森現代美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE