美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム

横須賀美術館

  • 開催期間:2016年2月6日(土)〜2016年4月10日(日)
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-1
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-2
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-3
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-4
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-5
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-6
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-1
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-2
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-3
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-4
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-5
嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム 横須賀美術館-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

長きに渡り創作活動を続ける、神奈川県在住の嶋田しづと磯見輝夫。両作家が力強く追及してきた、独自の画境の変遷を辿るとともに、初期作品から新作まで、代表作を中心に約90点を一堂に展示します。

嶋田しづ(1923~)は、1958年に国費留学生として渡仏し、以後20年、パリを拠点に活動をしてきました。彼女は油彩で、淡い色彩の浮遊物が漂っているような、軽快で透明感のある空間を作り上げています。帰国後は逗子に住み、油彩、水彩、版画など様々なメディアに取り組んでいます。

磯見輝夫(1941~)は、杉板を版木として用い、横に並べ継いで大型版画を制作しています。板と板との継ぎ目や、板目の違いによる刷りムラも取り込んだ、独自の力強い画風を確立しています。近年は重厚かつ繊細に、海面や地面に現れる様々な事象の変化を、版にとどめています。

まるで、空気中に漂うさまざまな色と形を呼び集め、それを画面に定着させたかのような独自の画境をひらいた嶋田しづ。伝統的な木版の技法で、現代的な版画に挑戦し続ける磯見輝夫。個性の異なる二人の作品を一堂に展示することにより、新鮮な体験を味わっていただけます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年2月6日(土)〜2016年4月10日(日)
会場横須賀美術館Google Map
住所 神奈川県横須賀市鴨居4-1
時間 10:00〜18:00
休館日 3月7日(月)、4月4日(月)
観覧料 一般 900円(720円)
高大・65歳以上 700円(560円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売り料金(前売りは2月5日まで)
    ※2月14日(日)は(市制記念日)無料観覧日
    ※市内在住または在学の高校生は無料
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
    ※前売り券は美術館受付、横須賀芸術劇場チケットセンター(横須賀芸術劇場1階、横須賀中央駅モアーズシティ1階)にて。
TEL046-845-1211
URLhttps://www.yokosuka-moa.jp/

横須賀美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

横須賀美術館 横須賀美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE