美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

染付:靑繪の世界

愛知県陶磁美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
白色の地に青色顔料で絵付を施したやきものの総称として「染付」を捉え、その加飾技法が獲得した普遍性とその意味を探る
「Sometçuqe(染付):繪(え)のあるちやわん(茶碗)、さら」 これは慶長8年(1603年)に日本イエズス会によって刊行された宣教師のための日本語・ポルトガル語辞書『日葡(にっぽ)辞書』の一項です…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「Sometçuqe(染付):繪(え)のあるちやわん(茶碗)、さら」

これは慶長8年(1603年)に日本イエズス会によって刊行された宣教師のための日本語・ポルトガル語辞書『日葡(にっぽ)辞書』の一項です。

「繪のあるちやわん」、すなわち筆を使って文様が描かれている「染付(そめつけ)」られているやきものを指していた「染付」という言葉は、当初、酸化コバルトを主な呈色剤とする青色の絵のあるやきものだけではなく、酸化鉄による黒色の絵や酸化銅による赤色の絵が施されたものも広く含めて使われていました。

この「染付」という言葉が、今日のように青い文様のあるやきものを指す言葉へ変わっていったのは、17世紀、肥前・有田窯での染付磁器焼成技術の完成以降と考えられます。

本展覧会では、白色の地に青色顔料で絵付を施したやきもの:青い絵の染付けられたやきものの総称として「染付」を捉え、技法や文化など様々な影響関係を踏まえながら、9世紀イラクでの黎明期から西アジアでの青色顔料の使用、14世紀以降の中国から東アジアの国々、イラン、オランダ・デルフト、そして17世紀以降の日本での展開を概観します。

「染付」という、ひとつの加飾技法が獲得した普遍性とその意味を探る展覧会です。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場愛知県陶磁美術館 [MAP]
住所 愛知県瀬戸市南山口町234番地
時間 9:30〜16:30(最終入場時間 16:00)
  • ※ただし11月3日(金・祝)は開会式のため、観覧は11:00からとなります。
休館日 月曜日 
※1月8日(月・祝)は開館し、翌9日(火)は休館
12月28日(木)から2018年1月4日(木)は年末年始休館
観覧料 一般 900円(720円)
高大生 700円(560円)
中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※上記観覧料で常設展示も併せて御観覧いただけます
TEL0561-84-7474
URLhttps://www.pref.aichi.jp/touji/exhibition/2017/t_sometsuke/

愛知県陶磁美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

愛知県陶磁美術館 愛知県陶磁美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE