美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

特別展「浅井忠の京都遺産 ‐京都工芸繊維大学美術工芸コレクション」

泉屋博古館 分館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
フランス滞在後、拠点を京都に移し京都高等工芸学校で図案指導や関西洋画壇の発展に尽力した浅井忠の京都における遺産を辿る
日本洋画壇の先覚者として知られる浅井忠(あさい ちゅう 1856-1907)。彼は2年余りのフランス滞在ののち、京都高等工芸学校(京都工芸繊維大学の前身のひとつ)に招かれて拠点を京都に移しました。 明…Read More

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本洋画壇の先覚者として知られる浅井忠(あさい ちゅう 1856-1907)。彼は2年余りのフランス滞在ののち、京都高等工芸学校(京都工芸繊維大学の前身のひとつ)に招かれて拠点を京都に移しました。

明治35年(1902)からこの世を去る40年まで、その京都生活は6年間という短さながら、古都に根ざした新旧の文化に親しみつつ、この地の美術工芸に新たな息吹をもたらしました。

浅井は京都高等工芸学校で図案を指導するかたわら、私的には聖護院洋画研究所、関西美術院と続く洋画家養成機関の中心となって関西洋画壇の発展に尽力しました。

また遊陶園と京漆園など陶芸家や漆芸家と図案家を結ぶ団体を設立、自らもアール・ヌーヴォーを思わせる斬新なデザインで京都工芸界に新風を巻き起こします。

本展は、京都工芸繊維大学に遺された彼の多彩な足跡をたどります。あわせて浅井、鹿子木孟郎ら洋画家を支援し作品を愛でた住友家ゆかりの品々も展示、近代関西の美術工芸、美術教育、生活文化に浅井忠が何をもたらしたのか再考します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場泉屋博古館 分館 [MAP]
住所 東京都港区六本木1丁目5番地1号
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※企画により変更があります
休館日 月曜日 
※9/18・10/9は開館
9/19(火)、10/10(火)
観覧料 一般 800円(640円)
高大生 600円(480円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は20名様以上の団体料金
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

泉屋博古館 分館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

泉屋博古館 分館 泉屋博古館 分館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様に美術館からのご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE