美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 日本初公開「タヴォラ・ドーリア」の謎

広島県立美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
ダ・ヴィンチ日本初公開の壁画を陳列し、夢の競演。イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫る。
レオナルド・ダ・ヴィンチ未完の大壁画《アンギアーリの戦い》。この壁画はフィレンツェのシニョリーア宮殿(現ヴェッキオ宮殿)を飾るために16世紀初頭に発注されたものです。 この一連の装飾計画はレオ…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

レオナルド・ダ・ヴィンチ未完の大壁画《アンギアーリの戦い》。この壁画はフィレンツェのシニョリーア宮殿(現ヴェッキオ宮殿)を飾るために16世紀初頭に発注されたものです。
この一連の装飾計画はレオナルドとミケランジェロが戦闘画で競演したエピソードで有名ですが、レオナルドはこの壁画を完成させることができず、その未完の大作は1560年代にジョルジョ・ヴァザーリの新たな壁画で覆われてしまいました。

しかし部分的に描かれていたレオナルドの壁画は半世紀以上も人々の目に触れ、その迫力ある表現は、戦闘画の新基準として、続く世代の芸術家たちに大きな影響を与えました。

本展のメインとなる作品は、レオナルドによる壁画の中心部分であった「軍旗争奪」の戦闘場面で《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》(日本初公開)と呼ばれる16世紀の有名な油彩画です。
また、ミケランジェロが構想した壁画の大下絵を模写した、16世紀の板絵《カッシナの戦い》(同じく日本初公開)も並べて展示します。

部分的ではありますが、かつて実現するはずだった夢の競演の再現。
さらに、レオナルドの構図に基づく模写や派生作品、壁画に関連する歴史人物の肖像などを通し、レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場広島県立美術館 [MAP]
住所 広島県広島市中区上幟町2-22
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※9月5日(土)は10:00開場
    ※金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
高・大学生 900円(700円)
小・中学生 600円(400円)
  • ※( )内は団体【20名以上】・前売料金
    ※学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
    ※本展入場券で所蔵作品展もご覧いただけます。
TEL082-221-6246
URLhttp://www.hpam.jp/

広島県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

広島県立美術館 広島県立美術館

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE