美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

澤田教一 故郷と戦場

IZU PHOTO MUSEUM

  • 開催期間:2017年9月9日(土)〜2017年12月25日(月)
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-1
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-2
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-3
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-4
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-1
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-2
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-3
澤田教一 故郷と戦場 IZU PHOTO MUSEUM-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1936年に青森市に生まれた澤田教一は、米軍三沢基地での勤務を経て、1965年に戦火の絶えないインドシナ半島に赴きました。ベトナム戦争が拡大の一途にあった時期に最前線での撮影を続けた澤田は、34歳で銃弾に倒れるまでの約5年間に、数々の傑作を世に送り出し賞を受賞します。

ピュリツァー賞受賞作に含まれる《安全への逃避》では、戦闘で故郷を追われながらも、必死に生き抜こうとするベトナムの人々の姿を捉え、世界中に戦場における過酷な現実を突きつけました。

本展では未発表のカットを含む写真や戦地から送られた電送写真原稿など約300点を展示いたします。写真に写し出された故郷と戦場、そこに交錯する生と死を通じて、澤田教一が身を賭して伝えようとしたベトナム戦争に迫ります。

※澤田教一
1936年 青森県青森市に生まれる。
1954年 青森県立青森高等学校卒業。
1955年 米軍三沢基地内のカメラ店で働きながら、本格的に写真を撮り始める。
1961年 プロのカメラマンを目指し上京。同年12月、UPI通信社東京支局写真部に入社。
1965年 UPIサイゴン支局にスタッフカメラマンとして赴任。9月、代表作となる《安全への逃避》を撮影。この写真で12月、第9回世界報道写真コンテスト第1位を受賞。
1966年 《安全への逃避》を含む一連のベトナム戦争の写真でピュリツァー賞を受賞。《泥まみれの死》、《敵をつれて》が、第10回世界報道写真コンテストで第1位、第2位を受賞。ベトナム戦争の写真でU.S.カメラ賞を受賞。
1968年 2月、テト攻勢下のフエを撮影。9月、UPI香港支局写真部長として転勤。
1970年 UPIサイゴン支局に再び赴任。5月、カンボジアでUPIプノンペン支局長のロバート・ミラー記者と共に取材に向かう途中、共産主義勢力の兵士に捕まり、8時間あまり拘束されるが無事生還。10月、カンボジア取材中、プノンペン近郊で銃殺され、34歳で死亡。
カンボジアを取材した一連の写真により、1971年のロバート・キャパ賞を受賞。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年9月9日(土)〜2017年12月25日(月)
会場IZU PHOTO MUSEUMGoogle Map
住所 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※11月、12月は16:30まで(最終入場時間 16:00)
休館日 水曜日 
観覧料 大人 800円(700円)
高・大学生 400円(300円)
中学生以下無料
  • ※( )内は20名様以上の団体料金
TEL055-989-8780
URLhttp://www.izuphoto-museum.jp/exhibition/217700371.html

IZU PHOTO MUSEUMの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

IZU PHOTO MUSEUM IZU PHOTO MUSEUM

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
静岡県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE