美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

石川直樹 この星の光の地図を写す

新潟市美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
未発表作品も織り交ぜながら初期から現在に至る約400点を一挙紹介。石川のまなざしを通して新たな地球という星に出会う
世界をフィールドとして活躍する写真家、石川直樹(1977-)は22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功しました。その後も国内・世界各地を旅し、人類学や民俗学などの観点…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

世界をフィールドとして活躍する写真家、石川直樹(1977-)は22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功しました。その後も国内・世界各地を旅し、人類学や民俗学などの観点を取り入れつつ、独自のスタイルで写真を撮り続けています。

本展では、過酷な極地や山々に挑んだ冒険から生まれた代表作はもちろん、日本列島の南北に点在する島々を捉えた《ARCHIPELAGO》のシリーズ、さらには新潟の自然をとらえた《潟と里山》のシリーズまで、初期から現在に至る活動を未発表作品を織り交ぜながら総合的に紹介します。

休むことなく旅を続けながら、石川は、地球上のあらゆる場所に、人類が古くから伝えてきた技術=叡智を見出してきました。それはもっとも古い意味における「アート」を追求する道のりでもあったのです。

わたしたちは、石川のまなざしを通して、慣れ親しんだ世界地図とは異なる、もう一つの視点からこの地球という星に出会うことになるでしょう。

◆石川直樹 Naoki Ishikawa
1977年東京生まれ。写真家。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土舎)により土門挙賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーRead Moreズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『国東半島』『髪』『潟と里山』(青土舎)、『SAKHALIN』(アマナ)、著書『ぼくの道具』がある。
Close

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場新潟市美術館 [MAP]
住所 新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
時間 9:30〜18:00
  • ※観覧券の販売は17:30まで
休館日 月曜日 
※9月19日(火)は休館
※ただし、8月14日(月)、9月18日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,000円(800円)
大学生・高校生 800円(600円)
中学生以下 無料
  • ※( )は前売・20名以上の団体料金です
    ※リピーター割引(本展半券のご提示により、2回目のご来場時は団体料金でご覧いただけます)
    ※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料(受付でご提示ください)
TEL025-223-1622
URLhttp://www.ncam.jp/

新潟市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

新潟市美術館 新潟市美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE