美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

没後20年 ルーシー・リー展

郡山市立美術館

  • 開催期間:2016年1月16日(土)〜2016年3月21日(月・振)
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-1
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-2
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-3
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-4
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-1
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-2
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-3
没後20年 ルーシー・リー展 郡山市立美術館-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ルーシー・リー(1902 ~1995)はウィーンに生まれ、のちにロンドンに移住し活動した陶芸家です。ルーシー・リー様式ともいうべきモダンかつ情緒豊かな器物型スタイルを打ち立て、世界的に高く評価されました。イギリスでも芸術分野の発展に大きく貢献したと評価され、1991年、大英帝国勲章を受章しました。

1920年代から30年代にかけて、ウィーンの工業美術学校で学び、ウィーン工房のヨーゼフ・ホフマンら、当時の一流デザイナーの薫陶、影響を受けました。38年、ロンドンに移住すると、当時のイギリス陶芸界を代表する陶芸家、研究者、画廊主などの評論、アドバイスを積極的に吸収し、ウィーン時代に学んだウィーン工房様式、バウハウス様式、バーナード・リーチ様式、さらにはギリシャ様式、中国・韓国の古典的陶磁器様式などを幅広く学び、自己のスタイルを打ち立てていきました。

またウィーン時代から60年代にかけて精細で大がかりな釉薬実験を繰り返し、これまでになかった釉色を数多く開発しました。ルーシー・リー様式を考える上で、切り離せないモダンで情緒豊かな色感を作り上げました。

ルーシー・リースタイルの特徴は、たおやかな曲線を描く美しいアウトラインを持つ碗型と鶴首とも称される細く長い首部を持つ花瓶型に大別されます。

今回の展覧会は、そのスタイルが形成されていく過程で作られたさまざまな様式の変貌、そして大成されたルーシー・リー様式の魅力を約200点の作品で紹介する、ルーシー・リーの全貌展です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年1月16日(土)〜2016年3月21日(月・振)
会場郡山市立美術館Google Map
住所 福島県郡山市安原町字大谷地130-2 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
3月21日(月曜日)は開館
観覧料 一般 800円(640円)
高校・大学生 500円(400円)
※( )内は団体20名以上
  • ※中学生以下、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方は無料
TEL024-956-2200
URLhttp://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/

郡山市立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

郡山市立美術館 郡山市立美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
福島県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE