美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

培広庵コレクション「美人画」は語る

愛媛県美術館

  • 開催期間:2017年7月26日(水)〜2017年9月4日(月)
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-1
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-2
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-3
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-4
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-5
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-6
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-1
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-2
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-3
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-4
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-5
培広庵コレクション「美人画」は語る 愛媛県美術館-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「美しい人」と聞いたとき、どのような姿を思い浮かべますか。

その明らかなようでいて、とらえどころのない姿を古今東西多くの画家たちが追い求めてきました。日本においては、古くから描かれてきた女性像の流れを汲む、日本独特の絵画ジャンルである「美人画」が明治以降に確立されていきます。

本展では、ひとりのコレクターの審美眼を通して形成された明治・大正・昭和の美人画コレクションから、巨匠と謳われた上村松園、鏑木清方、伊東深水をはじめ、大阪で活躍した北野恒富や島成園、大正デカダンスを代表する岡本神草、北陸を拠点とした紺谷光俊といった「美人画」の豊饒さを伝える多彩な画家の秀作約80点を展示します。

また、松園と同時代に活躍しながらも若くして亡くなった、八幡浜出身の閨秀画家、河崎蘭香(明治15-大正7)の作品を同時に紹介し、「美しさとは何か」という普遍的な問いに迫ります。

◆ 培広庵(ばいこうあん)
明治・大正・昭和時代の国内有数の美人画を収集したコレクター。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年7月26日(水)〜2017年9月4日(月)
会場愛媛県美術館 [MAP]
住所 愛媛県松山市堀之内
時間 9:40〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※南館の県民ギャラリーも同じく18:00に閉室
休館日 ※7月31日(月)、8月8日(火)、14日(月)、21日(月)、28日(月)
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高大生 800円(600円)
小中生 600円(400円)
  • ※( )内は前売券の料金です。
    ※団体(20名以上)、満65歳以上の方は、前売料金で当日ご覧になれます。満65歳以上の方は生年月日が分かるものをご呈示ください。
    ※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料でご覧になれます。
    障がい者手帳等をご呈示ください。
    ※企画展半券で所蔵品展もご覧いただけます。
TEL089-932-0010
URLhttp://www.ehime-art.jp/

愛媛県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

愛媛県美術館 愛媛県美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛媛県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE