ART BLOGS

アートブログ

ミレーから印象派への流れ展

ゆったりと観覧できる、百貨店美術館。今回は69点も見ることができます。

ミレーはもちろん、クールベ、モネ、ルノワール。。。。

誰もが知っている巨匠たち。一度は見たことのある作品も多いけれど、

その中で今回一番心を打たれたのが、空の王者ブータンの「オランダの風車」

大きく立派な風車や木々たちが川面に映って。ほかに目を移せなくなるほど引き込まれました。癒される絵です。

ミレーが描いた23歳の妻の絵「部屋着姿のポーリーヌ.オノ」青白い顔は微かに優しさにあふれ。。

こちらも心を打たれました。

そごう美術館は、半券サービスを行っているので、サービスの案内を忘れず受け取って、観覧後のおしゃべりの場で、使ってください。




プロフィール

ruru1234
通報する

この記事やコメントに問題点がありましたら、お知らせください。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE
いいね!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE