美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

ヤオコー川越美術館Yaoko Kawagoe Museum

ヤオコー川越美術館

ヤオコー川越美術館についてABOUT Yaoko Kawagoe Museum

ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)は、埼玉県を中心とした関東地方のスーパーマーケットチェーンである株式会社ヤオコーの創業120周年を記念する事業として、2012年3月11日に埼玉県川越市氷川町に開館した美術館である。

現館長であり、株式会社ヤオコーの代表取締役会長である川野幸夫氏の母であり、株式会社ヤオコーの実質上の創業者である故 川野トモ名誉会長が30年近く前に、神奈川県出身の洋画家 三栖右嗣(みす ゆうじ 1927-2010)氏の個展で20号のコスモスの絵を求めたことをきっかけに、三栖右嗣氏の作品が収集されていった。

三栖右嗣氏が、昭和57年に埼玉県比企郡玉川村(現ときがわ町)に移り住んで創作活動を続けていたアトリエは、株式会社ヤオコーの創業の地である小川町にも近い場所にあった。

少しずつ収集していた三栖右嗣氏の作品は、はじめは川野氏の自宅に飾られ、その後、川越の本社屋完成を機に各階に展示された。その後、川野幸夫氏が長年温めてきた計画として、美術館の開館が実現し、三栖右嗣氏の油絵、リトグラフなど151点を収蔵・展示している。東京国立近代美術館所蔵の『老いる』(安井賞受賞。1976年)の習作も収蔵している。

また、美術館の建築は、建築家 伊東豊雄氏の設計によるものである。2つの展示室、エントランス、カフェと休憩を兼ねたラウンジの4つの空間で構成され、特に2つの展示室では、凹凸の屋根形状からもたらされる光の明暗や表情が、展示される絵画とともに、三栖右嗣氏の作品に表現される、溢れる生命力の輝きを体感する空間を作り出している。外は、建物を緑と池が囲み、その中を自由に散策を楽しむことができる。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒350-0851 埼玉県川越市氷川町109-1  TEL 049-223-9511
ヤオコー川越美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

ヤオコー川越美術館 公式サイトURL
http://www.yaoko-net.com/museum/
所在地
〒350-0851 埼玉県川越市氷川町109-1
TEL 049-223-9511
最寄駅
JR・東武東上線 川越駅より 東武バス7番乗り場 埼玉医大・上尾駅西口・平方・川越運動公園行き「川越氷川神社」下車徒歩1分

西武新宿線 本川越駅より 東武バス5番乗り場 埼玉医大・上尾駅西口・平方・川越運動公園行き「川越氷川神社」下車徒歩約1分

小江戸巡回バス 川越駅西口(2番乗り場)、本川越駅(駅前ロータリー北側・小江戸巡回バスのりば)、喜多院先回りコース「氷川神社前」下車徒歩約1分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝祭日の場合は開館
年末年始
入館料・観覧料
大人 300円(200円)
高・大学生 200円(100円)
中学生以下 無料
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内団体20名以上
※障がいのある方(手帳をご提示)とその介助者の方お一人様まで無料
割引クーポン
http://www.yaoko-net.com/museum/info/index.html
美術館名 よみがな
やおこーかわごえびじゅつかん

ヤオコー川越美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

三栖右嗣 旅の記憶 国内での取材作品から 秋・冬展示

開催期間:

2017年3月14日(火)から2017年9月10日(日) まで開催の「三栖右嗣 旅の記憶 海外での取材作品から」の後半編として、「三栖右嗣 旅の記...

 三栖右嗣 旅の記憶 国内での取材作品から 秋・冬展示

カンバスに描かれた三栖右嗣の心の描写
ただいま開催中
ヤオコー川越美術館で過去に開催された展覧会を探す

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE