美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

札幌芸術の森美術館SAPPORO ARTPARK

札幌芸術の森美術館

札幌芸術の森美術館についてABOUT SAPPORO ARTPARK

札幌芸術の森美術館は、〈芸術文化都市さっぽろ〉のシンボルとして、北方の新しい芸術・文化の創造を目指して、1986年(昭和61年)7月27日にオープンした「札幌芸術の森」の事業のひとつとして、敷地内に開館した美術館である。

同敷地内には、札幌芸術の森野外美術館もあり、7.5ヘクタールの敷地には、日本を中心とした現代を代表する彫刻家の作品や、ノルウェーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲランの作品、札幌の姉妹都市のからの寄贈作品など、64作家74点の彫刻が展示されている。作品の多くは、作家がこの地を実際に訪れ、地形や周囲の状況、札幌の気候などをもとに、それぞれの場所のために新たに制作されたものである。

また、工芸(陶芸・染色・織・木工他)にまつわる展覧会が開催される展示ホールである「工芸館」もある。

札幌芸術の森美術館のコレクションは、札幌および北海道ゆかりの作家による優れた作品、現代的観点から見た国内外の優れた作品、人類の始原である“森”に関わりのある作品、を基本に収集し、約1500点のコレクションを持つ。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地  TEL 011-591-0090
札幌芸術の森美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

札幌芸術の森美術館 公式サイトURL
https://artpark.or.jp/shisetsu/sapporo-art-museum/
所在地
〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地
TEL 011-591-0090
最寄駅
地下鉄南北線「真駒内(まこまない)駅」の中央バス2番乗り場から、【空沼線・滝野線】に乗車、「芸術の森入口」または「芸術の森センター」下車
詳細は「札幌芸術の森美術館」オフィシャルサイトをご覧ください。
開館時間
開館時間 09:45〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※6月1日~8月31日は17:30まで
※札幌芸術の森野外美術館、札幌芸術の森美術館への入館は閉館30分前まで
定休日
定休日についての追記事項
4月29日~11月3日/無休
11月4日~4月28日/毎週月曜日※月曜が祝日・振替休日の場合はその翌平日
年末年始(12月29日~1月3日)
札幌芸術の森野外美術館は11月4日~4月28日まで冬季休館
入館料・観覧料
※入園及び下記施設以外の見学は無料
※札幌芸術の森野外美術館(夏季は佐藤忠良記念子どもアトリエ入館料含む)
大人700円(団体630円)
65歳以上560円(団体500円)
中学生以下無料
※団体料金:中学生以下を除く20名以上
入館料・観覧料についての追記事項
※年間フリーパス1,000円
※札幌芸術の森美術館/展覧会ごとに変わります(小学生以上有料)
※札幌芸術の森野外美術館とあわせて利用できるお得な共通観覧券もあります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
さっぽろげいじゅつのもりびじゅつかん

札幌芸術の森美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

札幌芸術の森美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―

会期:

スペイン、カタルーニャ自治州の州都バルセロナは、古代に遡る豊かな歴史と、19世紀に産業革命を経...

奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―

開催予定タグチ・アートコレクション 球体のパレット

会期:

今を時めく現代美術が一堂に会するまたとない機会 父娘二代に渡って築かれた、今では470点を数える「タグチ・アートコレクション」から、アジア、アフ...

タグチ・アートコレクション 球体のパレット

札幌芸術の森美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに札幌芸術の森美術館で開催された展覧会

会期終了テオ・ヤンセン展

会期:

風を動力源としてオランダの砂浜を疾駆する「ストランド(砂浜)ビースト(生命体)」。 ボディ全体は黄色いプラスチックチューブで造形され、物理工学を基盤としたその動きは生き物を思わせるほどに滑...

テオ・ヤンセン展

会期終了札幌美術展 砂澤ビッキ―風―

会期:

北海道を代表する木彫家・砂澤ビッキ(1931~1989年)の没後30年記念展を開催します。 本展では、ビッキが晩年取り組んだ「風」のテーマを中心に展開します。木という素材に向き合い続けたビッキは、木...

札幌美術展 砂澤ビッキ―風―

会期終了札幌美術展 五十嵐威暢の世界

会期:

日本を代表するデザイナーの一人である五十嵐威暢(いがらしたけのぶ)。 グラフィックデザイナーとして活動していた1970年代半ば、建築設計用製図台を用いて二次元の文字を三次元におこした立体文字によ...

札幌美術展 五十嵐威暢の世界

会期終了ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期:

16世紀フランドルを代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世。その画家としての才能は息子のピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世、さら...

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期終了リサ・ラーソン展 ~スウェーデンのすてきな芸術一家~

会期:

リサ・ラーソンは、23歳という若さで国内の陶磁器メーカー・グスタフスベリ社に迎えられ、26年間の在籍中に約320種類もの作品を制作し、スウェーデンを...

リサ・ラーソン展 ~スウェーデンのすてきな芸術一家~

会期終了芸森の名品Ⅱ 学芸員がつなぐ 名品のともしび

会期:

札幌芸術の森美術館の大規模なコレクション展を開催します。 第二回となる本展は、2010年の第一回以降新たに加わった作品を軸に構成します。本展では...

芸森の名品Ⅱ 学芸員がつなぐ 名品のともしび

会期終了新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

会期:

アニメーション監督・新海誠は2002年に短編アニメーション「ほしのこえ」で商業デビューしました。それから15年、新海氏は“美しく壮大な世界ですれちが...

新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

会期終了現れよ。森羅の生命― 木彫家 藤戸竹喜の世界展

会期:

藤戸竹喜(ふじとたけき)は、1934年、北海道美幌町に生まれ、旭川を拠点に「熊彫(くまぼ)り」を生業としていた父のもとで木彫制作を始めました。 以...

現れよ。森羅の生命― 木彫家 藤戸竹喜の世界展

会期終了NEW LIFE:リプレイのない展覧会

会期:

札幌国際芸術祭2017のプロジェクト「NEW LIFE:リプレイのない展覧会」。 ※「札幌国際芸術祭2017 NEW LIFE:リプレイのない展覧会」は、札幌芸術の森美術館、札幌芸術の森野外美術館、工芸館、アートホ...

NEW LIFE:リプレイのない展覧会

会期終了月光ノ絵師 月岡芳年

会期:

幕末を越え、明治の新風を浴びながら、師・国芳譲りの豪快な歴史画、物語絵、武者絵を得意とした。同じ場面を描いても、国芳は物語の筋を説き、芳年は登場人物の心の内に迫る。 本展は、動乱の時代に惑...

月光ノ絵師 月岡芳年

会期終了札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

会期:

旅の面白さはどこにあるのでしょう。定住する地を離れ、行き先の土地ならではの観光や食を楽しみ、その土地に滞在し、見知らぬものに触れる、もちろん...

札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE