ART BLOGS

アートブログ

緊急事態宣言下の庭園美術館

日本庭園の池に泳ぐ鯉

東京都庭園美術館へ行ったのは二度目。

前回は夏だった。

寒い季節に行ったのは初めて。


『生命の庭』展を鑑賞。

庭園美術館の展示室はやはり独特だ。

迷路のような空間は二度目も戸惑った(スタッフの方がさりげなく誘導してくださる)。

どうでもいいことなのだけれど、志村信裕さんによる羊飼いのビデオ作品。

あの男性が着ているセーターはきっと化学繊維は使っていないウール100%なのだろうかと頭に浮かんだ。

そしてクライマックスの青木美歌さんによるガラス作品。

暗い展示室に吊るされているのは、数多のCOVID-19。

キラキラと輝きさりげなく揺れ動くコロナウイルスは、不本意のたまものであった。


展示を観終わり日本庭園へ行くと、表面が薄く凍っているように見える池(凍っていないのかも?)。

しかしその下ではいくつもの紅い鯉が泳いでいた。

その様がちょっと奇妙に映った。


プロフィール

lizaliza
通報する

この記事やコメントに問題点がありましたら、お知らせください。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE
いいね!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE