復帰50年 特別展
沖縄、復帰後。展
ーいちまでぃん かなさ オキナワー

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)

  • 開催期間:2022年7月20日(水)〜2022年9月19日(月・祝)
復帰50年 特別展 沖縄、復帰後。展 ーいちまでぃん かなさ オキナワー 沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)-1
復帰50年 特別展 沖縄、復帰後。展 ーいちまでぃん かなさ オキナワー 沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

沖縄の本土復帰から50年―。
沖縄が日本に復帰して50年という節目を迎えます。
戦後27年間の米国統治を経て復帰したことは「世替わり」というほどの大きな転換点であり、復帰後50年は復興・成長・変化・継承・存続など沖縄は様々な経験をしてきました。
1972年5月15日を起点に復帰後のあゆみを振り返りつつ、次の世代に向けて自然・歴史・文化等の多様な面から沖縄について考える展覧会を開催します。


復帰の日 ―葛藤をかかえて―
1972年5月15日。さまざまな矛盾や葛藤を抱えながら沖縄は日本に復帰しました。
その日、沖縄では何が起きていたのでしょうか?
5月15日は沖縄の悲願達成の日である一方で、現在まで続く基地問題など様々な困難の始まりの日でもありました。

新生沖縄県の誕生
復帰後の沖縄には、通貨交換や海洋博覧会、若夏国体など次々と世替わりといえる変化が人々の生活の中に訪れました。

沖縄ブーム、到来。
90年代は首里城正殿が復元し、沖縄独自の歴史や文化に加えて芸能界やスポーツ界においても県民が活躍することで沖縄への注目度が高まりました。
2000年代は九州・沖縄サミットやNHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」による沖縄ブームが到来。基地返還後の跡地利用とまちづくりは沖縄の持つ可能性の大きさを再認識させました。
沖縄美ら海水族館の開館などもあり、沖縄は観光立県として歩みを始めました。

変化・変容と沖縄 ―各分野から迫る、沖縄像―
この章では、沖縄の変化・変容について自然史、人類、考古、歴史、民俗分野の視点から紹介します。

開発と自然保護など葛藤や矛盾を抱えつつも沖縄振興開発が進んでいきます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年7月20日(水)〜2022年9月19日(月・祝)
会場 沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー) Google Map
展示室特別展示室1,特別展示室2,企画展示室
住所 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
時間 9:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,000円(800円)
高校・大学生 500円(400円)
小・中学生 200円(160円)
  • ※( )内の料金は前売ならびに20人以上の団体料金。
    ※障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は当日料金の半額。(証明書の提示が必要です)
TEL098-941-8200
URLhttps://okimu.jp/exhibition/fukkigoten/

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー) 沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
沖縄県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE