美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

奈義町現代美術館Nagi Museum Of Contemporary Art

奈義町現代美術館

Photo:左から 外観/外観(上段左)/展示室「太陽」 荒川修作+マドリン・ギンズ《遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体》(上段右)/展示室「月」 岡崎和郎《HISASHI-補遺するもの》(下段左)/展示室「大地」 宮脇愛子《うつろひ》(下段右)

奈義町現代美術館についてABOUT Nagi Museum Of Contemporary Art

奈義町現代美術館は、奈義町(岡山県勝田郡)にある、通称Nagi MOCA(ナギ・モカ)と呼ばれる磯崎新の設計による美術館で、平成6年4月25日に開館。作品と建物が一体となっている。建物内に奈義町立図書館が併設されている。

国際的に活躍する荒川修作+マドリン・ギンズ、岡崎和郎、宮脇愛子の4人の芸術家に一般の美術館では収集不能とされる巨大作品をあらかじめ制作依頼し、その作品、又その全体の空間を作家と建築家が話合い、美術館として建築化したもので作品を本尊にたとえれば建築家はそれに覆い屋を架けるという発想から建てられた、いわば、作品と建物とが半永久的に一体化した、美術館である。

太陽、月、大地と名付けられた、外部からも明らかに認知出来るような形の3つの展示室から構成され、この土地の自然条件に基づいた固有の軸線を持っている。「太陽」の軸は南北軸、「月」の平坦な壁は中秋の名月の午後10時の方向を指し「大地」の中心軸は、秀峰那岐山の山頂に向かっている。

池に面した喫茶室から太陽、月、大地の展示室と同時に、借景になっている秀峰那岐山を望むことが出来まる。日毎、季節ごとにその表情の変化を据えることが出来るのは美術館の見所の一つである。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441  TEL 0868-36-5811
奈義町現代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

奈義町現代美術館 公式サイトURL
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
所在地
〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441
TEL 0868-36-5811
最寄駅
JR津山線 津山駅から中鉄バスまたはタクシー
智頭急行/智頭線 智頭駅からタクシー
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
祝日の翌日
入館料・観覧料
一般・大学生 700円(500円)
高校生 500円(350円)
中学・小学生 300円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金 
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
なぎちょうげんだいびじゅつかん

奈義町現代美術館についての感想・評価REVIEWS

面白い試み

4 (訪問日 2018-09)

美術館の中で、大人が遊べる美術館です。とっても楽しめました。周囲は山です。少し行けば道の駅もあり、ドライブがてら行くのに最高の立地です。

BY Melody32

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

奈義町現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定岡山現代彫刻の断片展 Vol.4 人物 その内部に宿る生命

会期:

本展は岡山ゆかりの彫刻家に焦点を当てた選抜展です。様々な素材を使って、多様な彫刻表現が増える中で、岡山という独特の美術的磁場で活動を続ける若...

岡山現代彫刻の断片展 Vol.4 人物 その内部に宿る生命

奈義町現代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに奈義町現代美術館で開催された展覧会

会期終了永原トミヒロ展 -静なる景色ー

会期:

人影のない町並みを青白い色彩で描く、大阪在住の画家・永原トミヒロの個展を開催します。 永原が描くのは、日本のどこでも見ることができるような平凡な郊外のはずなのに、人の気配のないその風景は幻...

永原トミヒロ展 -静なる景色ー

会期終了藤原勇輝展 -PYRAMID-

会期:

日本海に面した極東アジアにおける社会的なテーマを作品コンセプトの核にして、創作活動や参加型アートプロジェクトをはじめとする作品で注目されている彫刻家・藤原勇輝の個展を開催します。 鳥取を拠...

藤原勇輝展 -PYRAMID-

会期終了北川太郎展ー手仕事信仰ー

会期:

石を素材とした彫刻で、文化庁新進芸術家在外研修により南米に派遣され、2010年にはペルー共和国の首都リマにあるMuseo Pedro de OSMA にて個展等数々の実績と多彩な受賞歴を持つ注目の若手彫刻家・北川...

北川太郎展ー手仕事信仰ー

会期終了芳木麻里絵展 析出する光

会期:

京都在住の芳木麻里絵は、一貫してシルクスクリーン版画のインクを何層にも刷り重ねることで厚みをもった大小様々な平面、立体物を作りあげていく美術家です。 芳木が好んで題材にしているものは緻密な...

芳木麻里絵展 析出する光

会期終了中西 學 展 -渦流のふるまい -

会期:

1980年代に「関西ニューウェーブ」の中でデビューして以来、生命へのエネルギーを感じさせる巨大な作品で注目を浴びてきた中西 學。 近年は生命の根源である神話の世界へ潜り込み、激しくも美しい立体作...

中西 學 展 -渦流のふるまい -

会期終了光延由香利展 ~I'm in you ~

会期:

光延由香利(みつのぶゆかり)は、「岡山の山」をモチーフにボリューム感とマチエールを伴った独特のタッチの絵画を制作し、県内外で個展、グループ展で作品を発表。2011年「津山しんわ美術展グランプリ...

光延由香利展 ~I'm in you ~

会期終了岡山現代彫刻の断片展vol.3 「抽象ー多様化するイメージ」

会期:

岡山ゆかりの彫刻家に焦点を当てた選抜展です。 様々な素材を使って、多様な彫刻表現が増える中で、岡山という独特の美術的磁場で活動を続ける若手か...

岡山現代彫刻の断片展vol.3 「抽象ー多様化するイメージ」

会期終了平井健三展 匂い spiral/stroke/dot

会期:

津山市在住の画家・平井健三にとって約8年振りになる大規模な個展。 1990年代は、三角形や六角形を基調にしたモノトーンで幾何学的な大作、連作を経て...

平井健三展 匂い spiral/stroke/dot

会期終了UNEASINESS 16 芦谷正人・岩澤有徑・大澤辰男

会期:

1998年に大阪で結成されて以来、関西を中心に国内外で活動する美術家3名のアート・ユニット「UNEASINESS(アニージネス)」。 2001年からはじめたグル...

UNEASINESS 16 芦谷正人・岩澤有徑・大澤辰男

会期終了斎藤里香展 LIMBOー辺獄ー

会期:

木版画の技法を使って独自の世界観を表現する美術家・斉藤里香。 本展は斉藤にとって待望の岡山初個展開催になります。斉藤にとって近年のモチーフである「LIMBO―辺獄―」の世界を版画や立体作品で表現し...

斎藤里香展 LIMBOー辺獄ー

会期終了榎本勝彦の仕事展 ―時と素材を超えて―

会期:

赤磐市熊山の豊かな緑に囲まれた中にアトリエを構えて20年。 そこから生み出される木彫作品は、漆・和紙・箔・錫粉などを使ってシンプルで温もりのあ...

榎本勝彦の仕事展 ―時と素材を超えて―

会期終了木村克朗展 -IN THE WHITE-LAVOR'ACQUA

会期:

奈義町現代美術館では、「木村克朗展 -IN THE WHITE-LAVOR'ACQUA」を開催します。 作品は、黒を基調とした油彩(ア・フレスコ)によるモノクローム...

木村克朗展 -IN THE WHITE-LAVOR'ACQUA

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE