美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

安曇野ちひろ美術館 Chihiro Art Museum Azumino

安曇野ちひろ美術館

Photo:左から 安曇野ちひろ美術館外観©KODANSHA/寝椅子とパラソル 撮影 和田真典(上段左)/展示室1 撮影 和田真典(上段右)/世界の絵本館立体作品 撮影 和田真典(下段左)/カフェ内観 撮影 和田真典(下段右)

安曇野ちひろ美術館 についてABOUT Chihiro Art Museum Azumino

安曇野ちひろ美術館は、1997年4月、ちひろ美術館・東京の開館20周年を記念して、長野県北安曇郡松川村に開館した。

信州は、いわさきちひろの両親の出身地。ちひろにとって、幼い頃から親しんだ、心のふるさとであり、中でも、美術館のある松川村は、ちひろの両親が第二次世界大戦後に開拓農民として暮らした村である。

安曇野の自然にとけこむような建物は、内藤廣氏の設計によるもの。周囲には北アルプスを望む安曇野ちひろ公園(松川村営)が広がり、清流、乳川(ちがわ)が脇を流れている。ちひろの作品や人生に出会う場所であるとともに、世界の絵本画家の作品にも出会える美術館である。

2016年夏、安曇野ちひろ公園北側エリアが拡充整備され、「食」「農」「いのち」を体験的に学べる公園が新たにオープンする。公園の一角には、いわさきちひろの絵で愛されている『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)に登場する、電車の教室を再現したトットちゃん広場が整備される。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒399-8501 長野県北安曇郡松川村西原3358-24  TEL 0261-62-0772 テレフォンガイド 0261-62-0777
安曇野ちひろ美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

安曇野ちひろ美術館 公式サイトURL
http://www.chihiro.jp/azumino/
所在地
〒399-8501 長野県北安曇郡松川村西原3358-24
TEL 0261-62-0772 テレフォンガイド 0261-62-0777
最寄駅
JR大糸線 信濃松川駅から 安曇野ちひろ美術館 まで 約2.5km タクシー約5分、レンタサイクル(信濃松川駅前にてレンタル可能)約15分、徒歩約30分

JR大糸線 穂高駅より あづみ野周遊バス 約20分

JR大糸線 信濃大町駅より 信濃大町周遊バス「ぐるりん号」約35分 ※7月上旬から11月上旬までの土日祝のみ運行
開館時間
開館時間 09:00〜17:00
開館時間についての追記事項
※GW・お盆は18:00まで
定休日
定休日についての追記事項
第4水曜日(祝休日は開館、翌平日休館)

※冬期休館 12月16日~2月末日
※GW・8月は無休
※展示替えのための臨時休館あり

2019年休館日
9/25(水)、10/1(火)、10/2(水)、
10/3(木)、10/23(水)、11/27(水)
入館料・観覧料
大人 800円
高校生以下 無料
※団体(有料入館者20名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は700円
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳ご提示の方は半額、介添の方は1名まで無料/視覚障害のある方は無料(割引の併用はできません)
※東日本大震災の罹災証明書、または被災証明書をご持参の方は、ちひろ美術館・東京、安曇野ちひろ美術館の入館料が無料。受付にて要提示
割引クーポン
https://chihiro.jp/foundation/contact/surveyform/
美術館名 よみがな
あずみのちひろびじゅつかん

安曇野ちひろ美術館 についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

安曇野ちひろ美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中 ちひろ・アンデルセンの世界

会期:

ちひろは、日本でも古くから愛され、馴染み深い世界の童話の数々を手がけています。 人の世の美しさ、悲しさ、現実をも映し出したアンデルセンの作品は、ちひろが強く心惹かれ、繰り返し描いた童話で、...

 ちひろ・アンデルセンの世界

開催中<企画展> 童画の国のパイオニアたち ―日本童画家協会の7人―

会期:

大正から昭和にかけて、「子供之友」「赤い鳥」「コドモノクニ」などの芸術性の高い絵雑誌が数多く刊行されました。 その黄金時代を支えた画家たちは...

<企画展> 童画の国のパイオニアたち ―日本童画家協会の7人―

開催中ちひろ美術館コレクション展 世界のおはなし

会期:

古くからの民話や昔話、アンデルセンやグリムの童話など、100年以上の時を経て今なお世界中で愛されている物語は、洋の東西を問わず多くの絵本画家たち...

ちひろ美術館コレクション展 世界のおはなし

開催予定ちひろ・ていねいなくらし

会期:

絵本画家として活躍しながら一家の主婦として家庭を支えたちひろ。 忙しいなかにも、おしゃれを楽しみ、食事にも手をかけ、家族と過ごす居心地のよい住まいをしつらえました。 ちひろの作品やその生き...

ちひろ・ていねいなくらし

開催予定<企画展> 瀬川康男 坦雲亭日乗―絵と物語の間(あわい)

会期:

森羅万象のいのちの根源を描き出した画家・瀬川康男(1932~2010)。 古今東西の美術を取り込み、卓越した技法で作品を描き出していた画家は、1977年...

<企画展> 瀬川康男 坦雲亭日乗―絵と物語の間(あわい)

開催予定ちひろ美術館コレクション 国交樹立100周年記念 ポーランド、フィンランドの絵本原画

会期:

2019年、日本とポーランドは国交100周年、そしてフィンランドは外交関係樹立100周年を迎えます。 ...

ちひろ美術館コレクション 国交樹立100周年記念 ポーランド、フィンランドの絵本原画

これまでに安曇野ちひろ美術館 で開催された展覧会

会期終了信州花フェスタ2019開催記念 ちひろ・花とともに生きて

会期:

花と子どもの画家と称されるちひろの傍らにはいつも花がありました。 花を愛で、心通わせる時間は、ちひろの創作も支えていました。 本展では、「ち...

信州花フェスタ2019開催記念 ちひろ・花とともに生きて

会期終了ちひろ美術館コレクション展 列車でいこう!

会期:

絵本画家たちは時と国を超えて、列車を作品や絵本に描いてきました。 リアルに描かれたものから、想像の世界に属する不思議なものまで、その表現はさ...

ちひろ美術館コレクション展 列車でいこう!

会期終了かわいいものが好き― いわさきちひろ展

会期:

「かわいいものが好き」と語っていたちひろ。 ちひろが描いた子どもや花、犬やねこ、小鳥などの小さく愛らしい生き物たちには、そこに宿るいのちの輝...

かわいいものが好き― いわさきちひろ展

会期終了<企画展> ―童画運動の旗手― ねこの画家 安 泰(やす たい)展

会期:

1920年代後半から「コドモノクニ」に絵を描き始め、童画の第2世代といわれる仲間たちのなかで中心的な役割を担ってきた安 泰(やす たい 1903~1979)。...

<企画展> ―童画運動の旗手― ねこの画家 安 泰(やす たい)展

会期終了ちひろ美術館コレクション展 ねこ・ねこ・ねこ

会期:

古くから人とともにくらし、身近な存在だったねこ。絵本や絵画のなかにもたくさん描かれてきました。 本展では、ちひろ美術館コレクションのなかから...

ちひろ美術館コレクション展 ねこ・ねこ・ねこ

会期終了ちひろ美術館コレクション 人生

会期:

ちひろ美術館では、すぐれた子どもの本のイラストレーションを貴重な文化財のひとつと位置づけ、世界34の国と地域、207名の画家による27,200点を収蔵しています。 本展では、コレクションのなかから「人...

ちひろ美術館コレクション 人生

会期終了みんないきてる 谷川俊太郎

会期:

詩人の谷川俊太郎は、16歳のときから詩を書き始め、対象の本質をするどく作品に取り入れるその力には圧倒的なものがあります。 今までに書かれた膨大な数の詩には森羅万象が含まれ、無限の広がりが感じ...

みんないきてる 谷川俊太郎

会期終了いわさきちひろ生誕100年「Life展」 子どものへや トラフ建築設計事務所

会期:

いわさきちひろは子どもの居場所をどのように描いたのでしょう。 トラフ建築設計事務所は、ちひろ...

いわさきちひろ生誕100年「Life展」 子どものへや トラフ建築設計事務所

会期終了奇喜怪快 井上洋介の絵本展

会期:

奇想天外な発想が炸裂する独創的な世界を描いた絵本画家・井上洋介が、2016年2月、惜しまれつつ84歳で亡くなりました。 鬼気迫る描写に愛嬌と哀愁、ナンセンスを同居させた独自の画風で、一貫して人間の...

奇喜怪快 井上洋介の絵本展

会期終了ちひろ美術館コレクション展 くらし

会期:

ちひろ美術館では、すぐれた子どもの本のイラストレーションを貴重な文化財のひとつと位置づけ、世界34の国と地域、207名の画家による27,200点を収蔵し...

ちひろ美術館コレクション展 くらし

会期終了いわさきちひろ生誕100年「Life展」 ひろしま 石内都

会期:

1945年8月6日に原爆で被爆した人たちの遺品から肌身に直接触れたものを中心に選び、撮影し続けている石内都。 一方、いわさきちひろは広島の原爆で被...

いわさきちひろ生誕100年「Life展」 ひろしま 石内都

会期終了あそぶ plaplax

会期:

映像や空間、さまざまなメディアを使い、子どものころのあそびに着想した体験型の作品を展開し続けるplaplax(プラプラックス)が、いわさきちひろの水彩技法や斬新な手法で楽しみながら新境地を模索した...

あそぶ plaplax

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE