美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京都の展覧会

展覧会情報を登録申請する

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

根津美術館|東京都会期終了特別展 江戸の茶の湯 川上不白 生誕三百年

会期:

享保18年(1733)、紀州藩の江戸詰家老・水野家の家臣の次男で、仕官して江戸にあった16歳の少年が京に上り、紀州徳川家の茶道師範を務めていた表千家...

特別展  江戸の茶の湯  川上不白 生誕三百年

泉屋博古館 分館|東京都会期終了金文 -中国古代の文字-

会期:

今から三千年前の商周時代、様々な造形をもつ青銅器が盛んに製作されましたが、その表面には古代の文字が鋳込まれていました。 金文と呼ばれる、現在の漢字の祖先にあたる中国古代の文字は、平面上に「...

金文 -中国古代の文字-

国立新美術館|東京都会期終了日展 新しい時代 日本の美 改組 新 第6回(平成31年度)日本美術展覧会

会期:

日展は、明治40年の第1回文展より数えて、今年112年を迎えました。今年も国立新美術館にて日展を開...

日展 新しい時代 日本の美 改組 新 第6回(平成31年度)日本美術展覧会

東京都庭園美術館|東京都会期終了アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」

会期:

およそ1910~60年頃にかけてのことですが、日本の知識人、美術愛好家、美術作家たちがアジアの古典美術に憧れた時期がありました。唐物趣味は日本の伝...

アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」

パナソニック汐留美術館|東京都会期終了ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―

会期:

華やかで明るい色彩と軽妙な筆致の作品で、現代でも多くの人々を惹きつける画家ラウル・デュフィ(1877-1953)。 本展では、モダンで優美な絵画と、...

ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー|東京都会期終了細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」

会期:

2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)までの期間にて、細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」を開催します。 本展は、「細野...

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」

国立新美術館|東京都会期終了カルティエ、時の結晶

会期:

カルティエの作品は1995年、2004年、2009年の展覧会を通して日本で紹介されてきました。 1989年以降、日本だけでなく世界各国の主要美術館においてそのコレクションが展示紹介されてきたことは、数ある...

カルティエ、時の結晶

森アーツセンターギャラリー|東京都会期終了バスキア展 メイド・イン・ジャパン Jean-Michel Basquiat Made in Japan

会期:

1980年代のアートシーンに、流星のごとく現れたジャン=ミシェル・バスキア。 わずか10年の活動期...

バスキア展 メイド・イン・ジャパン Jean-Michel Basquiat Made in Japan

泉屋博古館 分館|東京都会期終了住友財団修復助成30年記念「文化財よ、永遠に」

会期:

文化財は長い時間の中で幾度かの修理を経ています。そして、いま修理が必要な作品もありますが、修理には知識と技術、そして費用が必要です。 公益財...

住友財団修復助成30年記念「文化財よ、永遠に」

根津美術館|東京都会期終了新創開館10周年記念 企画展 美しきいのち ―日本・東洋の花鳥表現―

会期:

色も形もとりどりの花や、艶やかな羽を持つ鳥は、それ自体、洋の東西を問わず、古くから賞玩の対象...

新創開館10周年記念 企画展  美しきいのち  ―日本・東洋の花鳥表現―

サントリー美術館|東京都会期終了サントリー芸術財団50周年  黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶

会期:

桃山時代には、茶の湯のためのやきもの「茶陶」が日本各地の窯で創造されました。 岐阜県の美濃(...

サントリー芸術財団50周年  黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶

フジフイルム スクエア|東京都会期終了写真歴史博物館 企画写真展 写真の錬金術 二人の表現者 「覚醒する写真たち」 今 道子 + 佐藤時啓

会期:

フランスで発明された写真術が日本に渡来したのは1848年のこと。以来、日本では独自の写真文化が形...

写真歴史博物館 企画写真展 写真の錬金術 二人の表現者 「覚醒する写真たち」 今 道子 + 佐藤時啓

国立新美術館|東京都会期終了話しているのは誰? 現代美術に潜む文学

会期:

国内外で活躍する日本の現代美術家6名によるグループ展を開催します。 本展に参加する6名の作家は1950年代から1980年代生まれまでと幅広く、表現方法...

話しているのは誰? 現代美術に潜む文学

菊池寛実記念 智美術館|東京都会期終了生誕100年 藤本能道 展

会期:

本年は戦後日本の陶芸界を代表する作家のひとりである、藤本能道(ふじもとよしみち、1919-1992)の生誕100年にあたります。 藤本は伝統的な色絵磁器の技法を学んだうえで、絵具の改良や釉薬を用いた新...

生誕100年 藤本能道 展

根津美術館|東京都会期終了優しいほとけ・怖いほとけ

会期:

「優しいほとけ・怖いほとけ」は、飛鳥時代から江戸時代に至る仏教絵画・彫刻の優品約35件を展示し、ほとけの表情とその意味を考える展覧会です。 ほとけは、その姿と役割からほぼ三種類に分類すること...

優しいほとけ・怖いほとけ

東京都庭園美術館|東京都会期終了1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

会期:

本展は、1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)の建築としての魅力を紹介する、年に1度の建物公開展です。 今回は、室内を構成する要素...

1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

21_21 DESIGN SIGHT|東京都会期終了企画展「虫展 -デザインのお手本-」

会期:

私たちの身近にいながら、実はまだ分からないことだらけの「虫」。 本展覧会では、自然を映し出す存在である「虫」の驚くべき仕組み、構造、そして知...

企画展「虫展 -デザインのお手本-」

パナソニック汐留美術館|東京都会期終了マイセン動物園展

会期:

ヨーロッパ初の硬質磁器製造に成功し1710年に王室磁器製作所設立を布告したドイツのマイセン磁器製作所。本展ではマイセンの動物に着目しご紹介します。 19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパの...

マイセン動物園展

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE