美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

京都府の展覧会

展覧会情報を登録申請する

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

龍谷大学 龍谷ミュージアム|京都府会期終了春季特別展「水 神秘のかたち」

会期:

あらゆる生命の根源“水”。 地域や時代を超えて、人々は水を敬い、畏れ、そして様々な願いを捧げてきました。とりわけ、四方が海に囲まれ、かつ水源が豊かな日本では、仏教や神道の思想・儀礼が深く関わ...

春季特別展「水 神秘のかたち」

樂美術館|京都府会期終了春期特別展 樂歴代~長次郎と14人の吉左衞門~

会期:

現在から450年もの昔、『村田珠光』が創始し『利休』により大成された『佗び茶』。 『利休』は、1人の陶工にその精神性を現した茶碗を造らせた。 当時...

春期特別展 樂歴代~長次郎と14人の吉左衞門~

京都国立近代美術館|京都府会期終了オーダーメイド:それぞれの展覧会

会期:

美術館で展示された作品は、それが置かれる空間やともに並ぶ別の作品との思いがけない出会いを通して、さまざまな意味を生みだし、鑑賞者を豊かな解読...

オーダーメイド:それぞれの展覧会

京都府立堂本印象美術館|京都府会期終了特別企画展 堂本元次展 ー こころに映ゆ ー

会期:

堂本元次(どうもと もとつぐ 大正12年-平成22年)は京都市に生まれました。昭和16年、京都市立美術工芸学校卒業後、京都市立絵画専門学校(現 京都...

特別企画展 堂本元次展 ー こころに映ゆ ー

京都文化博物館|京都府会期終了実相院門跡展 —幽境の名刹—

会期:

京都洛北、岩倉の地に所在する実相院。そこは皇族や上級貴族出身の僧侶が住職となる門跡寺院でした。諸方面から尊崇された実相院には、格式の高さが窺える数多くの資料や建造物が残されています。 平成2...

実相院門跡展 —幽境の名刹—

京都国立博物館|京都府会期終了臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅ー心をかたちにー

会期:

およそ1500年前、菩提達磨(ぼだいだるま)によってインドから中国へ伝えられたとされる禅宗は、その一派である臨済宗・黄檗宗の宗祖、臨済義玄(りん...

臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅ー心をかたちにー

清水三年坂美術館|京都府会期終了「彫嵌細工の世界」展

会期:

彫嵌(ちょうがん)とは、木や象牙などの素地に、図柄にあわせて彫り刻んだ貝や牙角、鼈甲(べっこう)、金属などを嵌(は)め込んで装飾する技法をいいます。古くは正倉院の御物の中にその源流を見るこ...

「彫嵌細工の世界」展

相国寺承天閣美術館|京都府会期終了岩澤重夫展 -日本の心を風景に描く-

会期:

このたび鹿苑寺(金閣寺)客殿に障壁画を奉納した岩澤重夫(1927-2009)画伯の作品を展覧する「岩澤重夫展」を開催いたします。 岩澤重夫画伯は雄大な...

岩澤重夫展 -日本の心を風景に描く-

京都国立近代美術館|京都府会期終了文化勲章受章記念 「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰―」

会期:

現代日本の染織分野に独自の世界を展開する志村ふくみは、1924年(大正13年)に滋賀県近江八幡市に生まれ、母・小野豊の影響で、織物を始めました。 1...

文化勲章受章記念 「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰―」

細見美術館|京都府会期終了春画展

会期:

春画は江戸時代には笑い絵とも呼ばれ、性的な事柄と笑いが同居したユーモラスで芸術性の高い肉筆画や浮世絵版画の総称です。特に、19世紀末ジャポニスム時代以降、欧米では高い評価を得てきました。近年...

春画展

野村美術館|京都府会期終了書を愛でる 茶の湯の掛物

会期:

日本には古来より書を愛でる歴史がありました。まず美しい料紙に流麗に書かれた仮名の書が平安時代、貴族に賞翫されました。 鎌倉時代には中国から禅宗が伝わり、その中で禅の高僧の書いた墨蹟は、高く...

書を愛でる 茶の湯の掛物

京都国立博物館|京都府会期終了特集陳列 獅子と狛犬

会期:

獅子(しし)、狛犬(こまいぬ)ともに百獣の王ライオンの姿を写したもので、頭上に一本の角のある方を狛犬、無い方を獅子と呼びます。エジプト、中東地域では写実的なライオンが造られましたが、生息地...

特集陳列 獅子と狛犬

京都国立博物館|京都府会期終了特集陳列 刀剣を楽しむ-名物刀を中心に-

会期:

この特集陳列では、後鳥羽上皇が御自ら手がけたとされる太刀「菊御作(きくごさく)」重文、京都国立博物館、斬りつけた真似をするだけで相手の骨が砕...

特集陳列 刀剣を楽しむ-名物刀を中心に-

京都国立博物館|京都府会期終了新春特集陳列 さるづくし-干支を愛でる-

会期:

2016(平成28)年の干支は申(さる)です。これにちなんで、新年の京都国立博物館では、サルを描いた絵画や、モチーフにした工芸品を特集しております...

新春特集陳列 さるづくし-干支を愛でる-

細見美術館|京都府会期終了細見コレクション名品選 麗しき日本の美

会期:

「麗しき日本の美」展は、多彩なコレクションから毎回テーマを設けて開催しているシリーズであり、このたび5回目を迎えます。 今回は、四季の情緒を象...

細見コレクション名品選 麗しき日本の美

清水三年坂美術館|京都府会期終了よそおいの細密工芸

会期:

江戸から明治にかけての時代は、金工、漆芸、彫刻などの手工芸の分野において、技法的にも芸術的にも頂点に達していた時代と言えます。江戸の太平の世の中で、身を飾り装うことを楽しむ人々が増えると、...

よそおいの細密工芸

樂美術館|京都府会期終了新春展「樂歴代 優しいすがた」

会期:

千利休の創意のもと、長次郎が茶碗を造り450年近く。当時、今焼茶碗といわれた樂焼の特徴の1つである、“手捏ね”という技法。両手を添え、優しく抱え込むように土を立ち上げていく。手の姿、時には力強く...

新春展「樂歴代 優しいすがた」

京都文化博物館|京都府会期終了日本のふるさと 大丹後展

会期:

京都府北部、日本海に面した丹後は、日本海を通じた中国大陸や朝鮮半島との交流により栄えた「丹後王国」と呼べる地域でした。 また丹後は、日本最古の羽衣伝説や浦島伝説を代表とする豊かな伝説・伝承...

日本のふるさと 大丹後展

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE