美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

北海道の展覧会

展覧会情報を登録申請する

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

札幌芸術の森美術館|北海道会期終了NEW LIFE:リプレイのない展覧会

会期:

札幌国際芸術祭2017のプロジェクト「NEW LIFE:リプレイのない展覧会」。 ※「札幌国際芸術祭2017 NEW LIFE:リプレイのない展覧会」は、札幌芸術の森美術館、札幌芸術の森野外美術館、工芸館、アートホ...

NEW LIFE:リプレイのない展覧会

神田日勝記念美術館|北海道会期終了神田日勝のデッサン Part1

会期:

平成29年度第1期常設展では、神田日勝の初期の頃からのデッサンをご紹介します。 神田日勝は1932年に東京の練馬で生まれ、戦時疎開のため1945年8月に家族とともに北海道十勝、鹿追に移住しました。開拓...

神田日勝のデッサン Part1

mima 北海道立三岸好太郎美術館|北海道会期終了こどものための三岸好太郎展-つくって、発見!なぞの画家パパミギシ

会期:

三岸好太郎が長女をモデルに描いた《陽子像》の女の子とともに、かんたんな工作やぬり絵を楽しみな...

こどものための三岸好太郎展-つくって、発見!なぞの画家パパミギシ

本郷新記念札幌彫刻美術館|北海道会期終了New Eyes 2017 家族の肖像

会期:

本郷新が願った作家の育成を目的に、世界と向き合う作家の新鮮な視点を今日的テーマのもとで紹介する「New Eyes」シリーズの3回目。 今回は「家族」をテーマに、今日の家族のすがた、家族観を提示する...

New Eyes 2017 家族の肖像

北海道立近代美術館|北海道会期終了レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

会期:

レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画計画《アンギアーリの戦い》は、今も多くの謎と痕跡を残しています。 同壁画はイタリア・ルネサンス美術の歴...

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

北海道立函館美術館|北海道会期終了ニッポンの写実 そっくりの魔力

会期:

何かにそっくりなものを目にしたとき、私たちは「すごい!これ、本物?」と、素朴なおどろきをおぼえます。目に見えるものをあるがままに再現したいという欲望は、私たちの心に深く根ざした、古くて新しい...

ニッポンの写実 そっくりの魔力

札幌芸術の森美術館|北海道会期終了月光ノ絵師 月岡芳年

会期:

幕末を越え、明治の新風を浴びながら、師・国芳譲りの豪快な歴史画、物語絵、武者絵を得意とした。同じ場面を描いても、国芳は物語の筋を説き、芳年は登場人物の心の内に迫る。 本展は、動乱の時代に惑...

月光ノ絵師 月岡芳年

mima 北海道立三岸好太郎美術館|北海道会期終了小樽芸術村×mima 絵画コレクション 三岸好太郎とその時代

会期:

2016年7月オープンした小樽芸術村は、株式会社ニトリが所蔵する多くの美術コレクションを紹介する施設であり、ガラス作品のコレクションに続き2017年9...

小樽芸術村×mima 絵画コレクション 三岸好太郎とその時代

札幌芸術の森野外美術館|北海道会期終了岩合光昭写真展 THE CATS ねこ科 ねこは野生動物だ。

会期:

動物写真家・岩合光昭がおよそ40年にわたって追い求めてきた「ねこ」をテーマとした初の屋外写真展です。 私たちの身近に暮らすイエネコのほか、ライ...

岩合光昭写真展 THE CATS ねこ科 ねこは野生動物だ。

神田日勝記念美術館|北海道会期終了燃え上がる大地―神田日勝 展

会期:

十勝・鹿追ゆかりの洋画家・神田日勝(1937-70)は、身体に胴引き跡を残した農耕馬をはじめ、開拓農家としての実生活をモチーフに数多くの油彩画を残しました。身近な家畜や食糧、新聞やポスター等を細部に...

燃え上がる大地―神田日勝 展

本郷新記念札幌彫刻美術館|北海道会期終了アフリカの仮面と彫像

会期:

アフリカの仮面文化は、赤道周辺の熱帯雨林やサバンナの森林地帯で育まれました。こうした地域では、祖先の霊や精霊への信仰に基づき、成人や葬送などの重要な儀礼の際に仮面舞踊を行ないます。このとき...

アフリカの仮面と彫像

北海道立近代美術館|北海道会期終了大原美術館展Ⅱ

会期:

大原美術館は、1930(昭和5)年、西洋美術を紹介する日本初の本格的美術館として岡山県倉敷市に開館しました。創立者は倉敷の実業家・大原孫三郎(1880-1943)。 コレクションの礎となったのは、岡山出...

大原美術館展Ⅱ

札幌芸術の森美術館|北海道会期終了札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

会期:

旅の面白さはどこにあるのでしょう。定住する地を離れ、行き先の土地ならではの観光や食を楽しみ、その土地に滞在し、見知らぬものに触れる、もちろん...

札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

北海道立函館美術館|北海道会期終了昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ ― 始まりはパリ。展

会期:

本展は、日本近代洋画史を語る上で欠かすことのできない二つの美術団体「1930年協会」の結成から「...

昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ ― 始まりはパリ。展

北海道立函館美術館|北海道会期終了開館30周年記念 ハコビ・グランド・コレクション「文字と記号セレクション」

会期:

北海道立函館美術館のコレクションのテーマ[文字と記号の美術]から選りすぐった名品を展観します。 ...

開館30周年記念 ハコビ・グランド・コレクション「文字と記号セレクション」

モエレ沼公園|北海道会期終了イサム・ノグチ あかり展

会期:

イサム・ノグチのマスターピースとして知られる照明器具「あかり」。 1950年代に岐阜の伝統産業である提灯と出合って生まれたあかりは、その温かな光とモダンなデザインで、現代でも多くの人々に愛され...

イサム・ノグチ あかり展

mima 北海道立三岸好太郎美術館|北海道会期終了所蔵品展第4期「その名はミギシ-奔放なる天才」

会期:

31歳の短い生涯の中、時代に先駆けた新鮮な造形で近代日本の美術に鮮やかな光を放った三岸好太郎。 めまぐるしい作風の変化をみせながら、豊かな感性...

所蔵品展第4期「その名はミギシ-奔放なる天才」

神田日勝記念美術館|北海道会期終了私のお気に入りの日勝さん Part2

会期:

神田日勝記念美術館では、2014年7月から2015年6月までの一年間、来場者を対象とした「神田日勝記念美術館所蔵作品による、神田日勝のこの1点」というアンケートが実施されました。 同アンケートは、神...

私のお気に入りの日勝さん Part2

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE