美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

たばこと塩の博物館|東京都会期終了館蔵ミニチュア展 ~小さなものの大きな魅力~

会期:

たばこと塩の博物館では、過去4回にわたってミニチュア展を開催してきました。展示を重ねるごとに、明治から戦前のものを中心としたミニチュア作品が寄...

館蔵ミニチュア展 ~小さなものの大きな魅力~

入江泰吉記念奈良市写真美術館|奈良県会期終了入江泰吉「ほとけさま」展

会期:

「三十余年を仏像と向かいあってきて、つくづく感じるのは対話のむずかしさである」といい、「ものいわぬ仏たちは近づいて観る者の心によってさまざまな表情をみせる」と入江泰吉は語っていました。 戦...

入江泰吉「ほとけさま」展

宮川香山 眞葛ミュージアム|神奈川県会期終了常設展 第5回

会期:

2019年は1年を通じて2ヵ月に一回展示替えを行います。 1月6日(日)、3月2日(土)、5月11日(土)、7月6日(土)、9月7日(土)、11月2日(土)に5点程の展示替えを行いますので、2ヶ月毎の訪問で常に新しい作品を...

常設展 第5回

泉屋博古館|京都府会期終了住友財団修復助成30年記念「文化財よ、永遠に」

会期:

文化財は長い時間の中で幾度かの修理を経ています。そして、いま修理が必要な作品もありますが、修理には知識と技術、そして費用が必要です。 公益財...

住友財団修復助成30年記念「文化財よ、永遠に」

中野美術館|奈良県会期終了秋季展「人のかたち -岸田劉生、恩地孝四郎から舟越桂までー」 「近代の日本画」

会期:

人物画には、自己をモデルとした自画像、作家の周辺である家族(婦人や子供)や知人を描いたもの、...

秋季展「人のかたち -岸田劉生、恩地孝四郎から舟越桂までー」 「近代の日本画」

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館|埼玉県会期終了「暁斎の団扇絵―実用と鑑賞―」展 同時開催 特別展「長野千裕 磁器絵付け―暁斎先生のオマージュを中…

会期:

企画展では、暁斎が描いた団扇絵を紹介します。暁斎は肉筆、版画、どちらの団扇絵も描いています。...

「暁斎の団扇絵―実用と鑑賞―」展 同時開催 特別展「長野千裕 磁器絵付け―暁斎先生のオマージュを中心に―」展

ホキ美術館|千葉県会期終了ハンガリーの写実画家 サンドルフィ展 -魂と肉体のリアリズム

会期:

本展はバルセロナのヨーロッパ近代美術館(MEAM)とのコラボレーション第二弾であり、同館所蔵のコレクションから厳選された20点を展示するものです。 1...

ハンガリーの写実画家 サンドルフィ展 -魂と肉体のリアリズム

サントリー美術館|東京都会期終了サントリー芸術財団50周年  黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶

会期:

桃山時代には、茶の湯のためのやきもの「茶陶」が日本各地の窯で創造されました。 岐阜県の美濃(...

サントリー芸術財団50周年  黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶

神田日勝記念美術館|北海道会期終了神田日勝没後50年プレ企画Ⅱ 神田日勝×吉田傑ダンボール・アート「飛び出す!半身の馬」

会期:

来年2020年は、神田日勝(1937-1970)が没してから50年の節目の年となります。今年度は、画家没後50...

神田日勝没後50年プレ企画Ⅱ 神田日勝×吉田傑ダンボール・アート「飛び出す!半身の馬」

太田記念美術館|東京都会期終了生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

会期:

2019年は初代歌川豊国(1769~1825)の生誕250年にあたります。 歌川豊国は歌川派の開祖豊春に入門し、寛政時代(1789~1801)に東洲斎写楽、勝川春英らと...

生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

川崎市市民ミュージアム|神奈川県会期終了昔のくらしと家庭の道具2019

会期:

川崎市市民ミュージアムでは大正から昭和にかけての人々のくらしの変化について、生活道具のうつりかわりから紹介する企画展「昔のくらしと家庭の道具2019」を開催します。 今から100年前、電気やガス、...

昔のくらしと家庭の道具2019

夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘|岡山県会期終了生誕135年記念「夢二生家の秋」

会期:

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルしまし...

生誕135年記念「夢二生家の秋」

山口県立美術館|山口県会期終了ヨーロッパ絵画 美の400年 -珠玉の東京富士美術館コレクション-

会期:

東京富士美術館のヨーロッパ絵画コレクションは、16世紀のイタリア・ルネサンス絵画から20世紀の現代絵画まで、500年にわたる西洋絵画史をほぼ一望でき...

ヨーロッパ絵画 美の400年 -珠玉の東京富士美術館コレクション-

久留米市美術館|福岡県会期終了ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

会期:

亀山達矢と中川敦子による二人組ユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)は、絵本やイラストレーションをはじめ、工作や舞台美術、ワークショップや空...

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

京都文化博物館|京都府会期終了ICOM京都大会開催記念 京の歴史をつなぐ

会期:

ICOM京都大会テーマ「文化をつなぐミュージアム-伝統を未来へ-」に沿って、京都の文化遺産や景観がどんな歴史を経て、いかなる価値が見出され、現代に...

ICOM京都大会開催記念 京の歴史をつなぐ

東京ステーションギャラリー|東京都会期終了没後90年記念 岸田劉生展

会期:

日本の近代美術の歴史において最も独創的な絵画の道を歩んだ孤高の存在である画家・岸田劉生(1891-1929)の没後90年を記念する展覧会を開催する運びとなりました。 明治の先覚者・岸田吟香(1833-1905...

没後90年記念 岸田劉生展

山種美術館|東京都会期終了大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―

会期:

このたび山種美術館では、広尾開館10周年を記念して、近代日本画を代表する4人の画家、横山大観(よこやまたいかん)(1868-1958)・菱田春草(ひしだしゅん...

大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―

野村美術館|京都府会期終了見て、知って、楽しむ 茶碗の世界

会期:

茶を飲むための茶碗は、16世紀に茶の湯が確立する頃には天目類が多く使用され、その後中期には朝鮮半島製のもの、ついで備前や信楽などが使われるよう...

見て、知って、楽しむ 茶碗の世界

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE