美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

福岡市美術館|福岡県会期終了TRACES|轍 近現代美術コレクション形成のあゆみをたどる

会期:

福岡市の近現代美術セクションでは、20世紀以降(明治時代以降)の国内外および九州・山口地域の様々な美術動向を代表する作品を収集対象としています...

TRACES|轍 近現代美術コレクション形成のあゆみをたどる

福岡市美術館|福岡県会期終了九州派展 戦後の福岡で産声を上げた、奇跡の前衛集団。その歴史を再訪する

会期:

福岡の戦後美術史を語る上で忘れてはならない動向が、前衛美術集団「九州派」の活動です。 1957(...

九州派展 戦後の福岡で産声を上げた、奇跡の前衛集団。その歴史を再訪する

東京国立近代美術館|東京都会期終了恩地孝四郎展

会期:

日本における抽象美術の父にして木版画近代化の立役者、そして時代に先駆けたマルチクリエイター恩地孝四郎(1891-1955)、じつに20年ぶりの回顧展を東京国立近代美術館で開催。戦後海外に流出した重要...

恩地孝四郎展

熊本市現代美術館|熊本県会期終了川内倫子展 川が私を受け入れてくれた

会期:

木村伊兵衛賞受賞作など、写真の新時代を切り開いてきた川内倫子(かわうち・りんこ)の代表作の初期から最新作までを、熊本・九州で初めて紹介。本展に...

川内倫子展 川が私を受け入れてくれた

金沢市立中村記念美術館|石川県会期終了企画展「伝統工芸の技法」

会期:

長い歴史の中で受け継がれてきた伝統工芸。完成された作品には、私達の想像を超える作者の長時間の労力と、高度な技術が込められています。作品を目にする時、その美しさに感動を覚えますが、制作の過程...

企画展「伝統工芸の技法」

富山市ガラス美術館|富山県会期終了藤田喬平の芸術 – 「現代」としての伝統

会期:

日本を代表するガラス作家藤田喬平は1921年東京に生まれ、40年に東京美術学校(現東京藝術大学)工芸科に入り彫金を学びます。卒業後は岩田工芸硝子に...

藤田喬平の芸術 – 「現代」としての伝統

富山市ガラス美術館|富山県会期終了ハワード・ベン・トレ:Casting of Being – 存在の痕跡

会期:

本展はアメリカを代表する作家、ハワード・ベン・トレの日本初の個展です。 1949年ニューヨーク州ブルックリンで生まれたベン・トレは、1970年代、人...

ハワード・ベン・トレ:Casting of Being – 存在の痕跡

本郷新記念札幌彫刻美術館|北海道会期終了コレクション展 ふれる彫刻

会期:

私たちはいつも、手でふれることの喜びを感じています。寒い季節がきてひっぱりだしたマフラーの温かい手ざわり、手のひらでふわりととける雪の冷たさ、台所で手にとる野菜や果物のみずみずしい重さ、子...

コレクション展 ふれる彫刻

長崎県美術館|長崎県会期終了中国駐長崎総領事館設立30周年記念 百花繚乱 中国リアリズムの煌めき

会期:

中国政府が主催する「全国美術展」は、1949年の第1回展以来、5年に一度開催される中国で最大規模か...

中国駐長崎総領事館設立30周年記念 百花繚乱 中国リアリズムの煌めき

長崎県美術館|長崎県会期終了レンブラントハウス美術館所蔵 レンブラント版画名品展

会期:

レンブラント・ファン・レイン(1606-1669)は、黄金世紀と呼ばれた17世紀オランダを代表する画家です。神秘的な光と影の表現や陰影に富んだ深みのある...

レンブラントハウス美術館所蔵 レンブラント版画名品展

長崎県美術館|長崎県会期終了ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき

会期:

写真と言葉を用いた物語性の強い作品で知られるフランスの現代美術家、ソフィ・カル(1953年、パリ生まれ)。ロンドンのテート・ギャラリー(1998年)...

ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき

九州国立博物館|福岡県会期終了九州国立博物館開館10周年記念特別展 黄金のアフガニスタン―守りぬかれたシルクロードの秘宝―

会期:

“ A nation stays alive when its culture stays alive.” 「自らの文化が生き続ける限り、その国は...

九州国立博物館開館10周年記念特別展 黄金のアフガニスタン―守りぬかれたシルクロードの秘宝―

北澤美術館|長野県会期終了北澤美術館特別展 パート・ド・ヴェール ―秘められたるガラス技法―

会期:

「パート・ド・ヴェール」は、色ガラスの粉を型に詰めて焼き上げる特殊なガラス技法です。古代エジ...

北澤美術館特別展 パート・ド・ヴェール  ―秘められたるガラス技法―

箱根・芦ノ湖成川美術館|神奈川県会期終了吉田善彦展~繊細淡雅な清冽さ~

会期:

“吉田様式”と呼ばれる淡い色彩による独特の画風で知られる吉田善彦の日本画は、静謐さと風格を備え、現代日本画の一典例となっています。細い線刻の金彩を織り込む、手間暇を惜しまぬ繊細な手仕事による...

吉田善彦展~繊細淡雅な清冽さ~

箱根・芦ノ湖成川美術館|神奈川県会期終了関口雄揮展~北の旅人~

会期:

北海道の厳しい自然を描き続けた関口雄揮は、凍てつく大地をモノクロームで表現するなどドラマチックな作風で知られます。北の大地のダイナミズムから、生命の再生、自然界の循環を感じさせる作品は、観...

関口雄揮展~北の旅人~

箱根・芦ノ湖成川美術館|神奈川県会期終了新しい年を祝う~日本画の醍醐味~

会期:

日本画は日本の美しい自然と四季を尊ぶ風雅の心を代表する伝統的な絵画です。 新年の祝祭として箱根・芦ノ湖成川美術館を代表する作家達の代表作が大...

新しい年を祝う~日本画の醍醐味~

八王子市夢美術館|東京都会期終了日本のポスター芸術 明治・大正・昭和 お酒の広告グラフィティ

会期:

本展では明治から昭和初期にかけての、お酒に関する広告ポスターを中心に日本の近代デザインの歩みをたどります。赤玉ポートワインなどデザイン史に残...

日本のポスター芸術 明治・大正・昭和 お酒の広告グラフィティ

横須賀美術館|神奈川県会期終了嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム

会期:

長きに渡り創作活動を続ける、神奈川県在住の嶋田しづと磯見輝夫。両作家が力強く追及してきた、独自の画境の変遷を辿るとともに、初期作品から新作ま...

嶋田しづ・磯見輝夫展 色彩とモノクローム

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE