美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

ひろしま美術館|広島県会期終了もうひとつの輝き「最後の印象派 1900-20’s Paris」展

会期:

パリが最も華やかであった時代、自然と向き合った印象派の制作態度を継承しつつ、そこに豊かな詩情を盛り込んで独特の世界を作り上げたのがアンティミ...

もうひとつの輝き「最後の印象派 1900-20’s Paris」展

ひろしま美術館|広島県会期終了浮世絵忠心蔵と新春を彩る日本画展 ―日本美術に見る技と美―

会期:

浮世絵版画《誠忠義士伝(せいちゅうぎしでん )》(歌川国芳画)全50作品を忠臣蔵討入りの日である12月14日前後に展覧し、加えて竹内栖鳳、横山大観、...

浮世絵忠心蔵と新春を彩る日本画展 ―日本美術に見る技と美―

感覚ミュージアム|宮城県開催中感覚ミュージアム <常設展>

感覚ミュージアムの展示はダイアローグゾーン(身体感覚空間)とモノローグゾーン(瞑想空間)、それぞれの空間を繋ぐトラバースゾーンの3つのゾーンで構成されています。 ◆ダイアローグゾーン(身体感覚空...

感覚ミュージアム <常設展>

菊池寛実記念 智美術館|東京都会期終了第6回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の<今>

会期:

菊池ビエンナーレは、現代陶芸の振興を目的に、2004年度から隔年で開催している陶芸の公募展です。年齢や陶歴を問わず、作品の形体やサイズにも規定を...

第6回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の<今>

奈良県立美術館|奈良県会期終了蕭白・松園・・・日本美術の輝き ~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~

会期:

戦国の世を象徴する女性「淀殿」と伝わる豪華絢爛な肖像画や、奇想の画家・曾我蕭白が描いた妖しい...

蕭白・松園・・・日本美術の輝き ~美人画、武者絵から刀剣、近代の名品まで~

中野美術館|奈良県会期終了所蔵名作展 「近代日本の洋画・日本画」

会期:

この展覧会は、日本画では、小林古径をはじめ、村上華岳や入江波光の作品を中心に、また洋画では、須田国太郎の作品をはじめ、青木繁、萬鉄五郎、藤田嗣...

所蔵名作展 「近代日本の洋画・日本画」

IZU PHOTO MUSEUM|静岡県会期終了戦争と平和—伝えたかった日本

会期:

戦後70年を迎える2015年、IZU PHOTO MUSEUMでは戦中・戦後の〈報道写真〉をテーマにした展覧会を開催します。 ドイツの「ルポルタージュ・フォト」を移入して始まった日本の〈報道写真〉は、モダニズム...

戦争と平和—伝えたかった日本

メナード美術館|愛知県会期終了新春展 和のかたち -絵画・書・工芸-

会期:

いま、日本の伝統や文化は国内だけでなく海外からも大きな注目を集めています。歌舞伎などの古典芸能や本格的な茶華道に通じていなくとも、無形文化遺...

新春展 和のかたち -絵画・書・工芸-

福岡市美術館|福岡県会期終了マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで

会期:

クロード・モネ(1840-1926)は、生前に成功した画家で、晩年のものを中心に多くの作品を最期まで...

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館|東京都会期終了絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展

会期:

2012年度に創設された公募コンクール『FACE』は、年齢・所属を問わない新進作家の登竜門として毎回数多くの応募者を迎えています。出品作品は美術評論...

絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展

国立新美術館|東京都会期終了未来を担う美術家たち 18thDOMANI・明日展  文化庁芸術家在外研修の成果

会期:

文化庁は、将来の我が国の芸術界を支える芸術家を育成するため、若手芸術家等が海外の大学や芸術関...

未来を担う美術家たち 18thDOMANI・明日展  文化庁芸術家在外研修の成果

水戸芸術館 現代美術ギャラリー|茨城県会期終了3.11以後の建築

会期:

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋...

3.11以後の建築

渋谷区立松濤美術館|東京都会期終了最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて

会期:

石黒宗麿(いしぐろ むねまろ 1893-1968年)は、特定の師を持たず、中国・日本・朝鮮・ペルシャなど古陶磁に学びながら、独創的な陶芸と画の世界に生き...

最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー|東京都会期終了清川泰次の生活デザイン

会期:

具体的な形象から離れて抽象的な表現を追い求め続けた清川泰次(きよかわたいじ 1919-2000)。その創作活動は1980年代に入ると、絵画だけにとどまらず、立体作品や生活デザイン全般へと拡がっていきまし...

清川泰次の生活デザイン

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館|東京都会期終了向井潤吉 西日本紀行

会期:

京都に生まれ、関西美術院で美術の基礎を学んだ向井潤吉。 本展では、これまでまとめて紹介する機会の少なかった西日本を描いた油彩画、水彩画を集め、向井が綴った紀行文を併せてご紹介します。

向井潤吉 西日本紀行

和泉市久保惣記念美術館|大阪府会期終了常設展「源氏絵と和歌-和のこころ-」

会期:

館蔵品の中から、源氏物語の世界を華やかな絵で伝える源氏絵と、すぐれた歌人らの姿を描いた歌仙絵や歌の世界を表した歌絵、歌を書写した古筆切など、...

常設展「源氏絵と和歌-和のこころ-」

和泉市久保惣記念美術館|大阪府会期終了常設展「日本の金工品-鏡・釜・刀装具-」

会期:

館蔵品の中から日本の金属工芸品を特集した展覧会を開催します。 所蔵する日本金工品の中心となっている青銅鏡をはじめ、茶の湯の釜、刀装具のコレク...

常設展「日本の金工品-鏡・釜・刀装具-」

竹久夢二美術館|東京都会期終了夢二をめぐる人々 ―家族・友人・恋人… 大正浪漫交遊録―

会期:

画家・詩人として活躍した竹久夢二(1884~1934)。抒情的な作品のみならず、美しい女性たちとの数多の恋や、旅を重ねた漂泊の人生そのものが〈大正ロマ...

夢二をめぐる人々 ―家族・友人・恋人… 大正浪漫交遊録―

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE