美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京都の展覧会

展覧会情報を登録申請する

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

Bunkamura ザ・ミュージアム|東京都会期終了おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展

会期:

圧倒的な筆の勢いと、抽象と具象のはざま、独自の画風で勝負する画家ピエール・アレシンスキー(1927~)は、ベルギー現代美術を代表する作家の一人で...

おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展

渋谷区立松濤美術館|東京都会期終了月―夜を彩る清(さや)けき光

会期:

日々満ち欠けを繰り返し、時を刻む「月」は、1年間の人々の生活に12ヶ月の節目を与えました。 明治時代に太陽暦が採用されるまで我が国は長らく太陰暦に則り、月の満ち欠けがまさに人々の生活のサイクル...

月―夜を彩る清(さや)けき光

山種美術館|東京都会期終了開館50周年記念特別展 速水御舟の全貌 -日本画の破壊と創造-

会期:

山種美術館は、山種証券(現・SMBCフレンド証券)の創立者である山崎種二(1893-1983)が、個人で集めたコレクションをもとに、1966(昭和41)年7月、東京...

開館50周年記念特別展 速水御舟の全貌 -日本画の破壊と創造-

太田記念美術館|東京都会期終了国芳ヒーローズ~水滸伝豪傑勢揃

会期:

近年、歌川国芳(1797~1861)は展覧会でも多く取り上げられ、現代人に最も人気のある浮世絵師の1人となっています。 その魅力については「奇想」や「ユーモア」といった言葉で語られることが多いので...

国芳ヒーローズ~水滸伝豪傑勢揃

山種美術館|東京都会期終了山種コレクション名品選Ⅱ 浮世絵 六大絵師の競演 ―春信、清長、歌麿、写楽、北斎、広重―

会期:

山種美術館では、開館50周年を記念する特別展「山種コレクション名品選」の第2弾として、山種美術館...

山種コレクション名品選Ⅱ 浮世絵 六大絵師の競演 ―春信、清長、歌麿、写楽、北斎、広重―

Bunkamura ザ・ミュージアム|東京都会期終了ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展

会期:

世界中の人々から愛され続ける「ピーターラビット」。その作者、ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念し、国内最大規模の展覧会を開催いたします。...

ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展

太田記念美術館|東京都会期終了怖い浮世絵

会期:

「怖い」「恐ろしい」-すなわち恐怖は人間の普遍的な感情のひとつです。未知なるもの、危険なもの、不気味なものなどに対して、人間は恐怖を抱き、忌み嫌い、避けようとします。しかし「怖いもの見たさ...

怖い浮世絵

渋谷区立松濤美術館|東京都会期終了サロンクバヤ:シンガポール 麗しのスタイル つながりあう世界のプラナカン・ファッション

会期:

古来、航路が重なりあう交通の要衝に位置してきた国際性豊かなシンガポール。その地に生きるプラナ...

サロンクバヤ:シンガポール 麗しのスタイル つながりあう世界のプラナカン・ファッション

太田記念美術館|東京都会期終了北斎漫画~森羅万象のスケッチ

会期:

『北斎漫画』は「冨嶽三十六景」とともに葛飾北斎(1760~1849)の名を世界中に広めることとなった絵本です。 文化11年(1814)、北斎が55歳の時に初編を手掛けて以降、その人気は北斎が亡くなっても衰...

北斎漫画~森羅万象のスケッチ

山種美術館|東京都会期終了江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―

会期:

山種美術館では開館50周年を記念し、館蔵品の中から選りすぐりの名品を紹介する特別展「山種コレクション名品選」を2016年夏よりシリーズで実施いたし...

江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―

Bunkamura ザ・ミュージアム|東京都会期終了西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展

会期:

ドイツ出身のプリント技師、クリストフ=フィリップ・オーベルカンプ(1738−1815年)によってヴェルサイユ近郊の村、ジュイ=アン=ジョザスの工場で生み出された西洋更紗、トワル・ド・ジュイ(ジュイの布...

西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展

山種美術館|東京都会期終了【開館 50 周年記念特別展】Seed 山種美術館 日本画アワード 2016 ―未来をになう日本画新世代―

会期:

山種美術館は、日本画の奨励・普及活動の一環として創設した「山種美術館賞」を、1971(昭和46)年...

【開館 50 周年記念特別展】Seed 山種美術館 日本画アワード 2016 ―未来をになう日本画新世代―

太田記念美術館|東京都会期終了歌川広重 ~東海道五十三次と冨士三十六景

会期:

歌川広重(寛政9年~安政5年、1797~1858)は、風景画の第一人者として幕末に人気を誇った浮世絵師です。 1830年代、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」の人気...

歌川広重 ~東海道五十三次と冨士三十六景

渋谷区立松濤美術館|東京都会期終了中島千波とおもちゃシリーズ 画家のひみつ

会期:

画壇の最前線にいる日本画家の一人、中島千波(なかじまちなみ 1945~)が生涯描き続けたいと語る「おもちゃシリーズ」。 南米やヨーロッパ、アジアな...

中島千波とおもちゃシリーズ 画家のひみつ

渋谷区立松濤美術館|東京都会期終了頴川美術館の名品

会期:

頴川(えがわ)美術館は、江戸時代から廻船業、山林業をいとなみ、長崎や上方文化の発展に寄与した大阪の商家頴川家の四代目頴川徳助(1899-1976)が設立しました。頴川徳助は家業を継ぐ中で歴代家蔵の美術...

頴川美術館の名品

渋谷区立松濤美術館|東京都会期終了天野房三洋画展

会期:

元渋谷区長 天野房三氏が描いた静物、風景、女性像などの油彩27点を展示します。 ◆ 天野房三(あまのふさぞう)プロフィール 元渋谷区長。満96歳。1919(大正8)年11月17日、東京・西神田に生まれる。...

天野房三洋画展

太田記念美術館|東京都会期終了歌川国貞~和の暮らし、和の着こなし。

会期:

歌川国貞(1786~1864)は、当時の浮世絵界のリーダー的存在であり、その人気は北斎や広重、国芳さえも大きく上回っていました。国貞は、歌舞伎役者を...

歌川国貞~和の暮らし、和の着こなし。

山種美術館|東京都会期終了【開館50周年記念特別展】 奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ―

会期:

2016(平成28)年、山種美術館は開館50周年を迎えます。当館は、山種証券(現・SMBCフレンド証券)の...

【開館50周年記念特別展】 奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ―

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE