美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

太田記念美術館にて、今後開催予定の展覧会

鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―朝日智雄コレクション

開催期間:

※展覧会の内容詳細が分かり次第、当ページ上に追って掲載予定です。

太田記念美術館 関連イベント情報EXHIBITION INFO

開催中異世界への誘い ―妖怪・霊界・異国

開催期間:

浮世絵では、人気の歌舞伎役者や花魁であったり、あるいは、人でにぎわう江戸の町の風景であったり、実際にこの世の中に存在するものを...

異世界への誘い ―妖怪・霊界・異国

開催予定生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

開催期間:

2019年は初代歌川豊国(1769~1825)の生誕250年にあたります。 歌川豊国は歌川派の開祖豊春に入門し、寛政時代(1789~1801)に東洲斎写...

生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

これまでに太田記念美術館で開催された展覧会

会期終了怖い浮世絵

開催期間:

「怖い」「恐ろしい」-すなわち恐怖は人間の普遍的な感情のひとつです。未知なるもの、危険なもの、不気味なものなどに対して、人間は恐怖を抱き、忌み嫌い、避けようとします。し...

怖い浮世絵

会期終了北斎漫画~森羅万象のスケッチ

開催期間:

『北斎漫画』は「冨嶽三十六景」とともに葛飾北斎(1760~1849)の名を世界中に広めることとなった絵本です。 文化11年(1814)、北斎が55歳の時に初編を手掛けて以降、その人気は...

北斎漫画~森羅万象のスケッチ

会期終了歌川広重 ~東海道五十三次と冨士三十六景

開催期間:

歌川広重(寛政9年~安政5年、1797~1858)は、風景画の第一人者として幕末に人気を誇った浮世絵師です。 1830年代、葛飾北斎の「冨嶽三...

歌川広重 ~東海道五十三次と冨士三十六景

会期終了歌川国貞~和の暮らし、和の着こなし。

開催期間:

歌川国貞(1786~1864)は、当時の浮世絵界のリーダー的存在であり、その人気は北斎や広重、国芳さえも大きく上回っていました。国貞は...

歌川国貞~和の暮らし、和の着こなし。

会期終了生誕290年記念 勝川春章 ―北斎誕生の系譜

開催期間:

勝川春章(かつかわしゅんしょう 1726?~1792)は、人気の歌舞伎役者や力士たちを、似顔絵を用いた写実的な作風で描き、一世を風靡した...

生誕290年記念 勝川春章 ―北斎誕生の系譜

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE