美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

太田記念美術館にて、今後開催予定の展覧会

鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―朝日智雄コレクション

開催期間:

※展覧会の内容詳細が分かり次第、当ページ上に追って掲載予定です。

太田記念美術館 関連イベント情報EXHIBITION INFO

開催中歌川国芳 ―父の画業と娘たち

開催期間:

近年、人気が急上昇している歌川国芳。水滸伝の豪傑や巨大な骸骨を描いた迫力あふれる武者絵や、西洋画の表現を取り入れた風景画、さらにはユーモアたっぷりな筆致で描いた戯画など、代表作を含めた約80...

歌川国芳 ―父の画業と娘たち

これまでに太田記念美術館で開催された展覧会

会期終了生誕150年記念 水野年方~芳年の後継者

開催期間:

水野年方(みずの としかた 1866~1908)は、明治時代に活躍した、浮世絵師であり日本画家であった人物です。 月岡芳年(つきおか よしとし)の門人と...

生誕150年記念 水野年方~芳年の後継者

会期終了国芳ヒーローズ~水滸伝豪傑勢揃

開催期間:

近年、歌川国芳(1797~1861)は展覧会でも多く取り上げられ、現代人に最も人気のある浮世絵師の1人となっています。 その魅力については「奇想」や「ユーモア」といった言葉で語られることが多いので...

国芳ヒーローズ~水滸伝豪傑勢揃

会期終了怖い浮世絵

開催期間:

「怖い」「恐ろしい」-すなわち恐怖は人間の普遍的な感情のひとつです。未知なるもの、危険なもの、不気味なものなどに対して、人間は恐怖を抱き、忌み嫌い、避けようとします。しかし「怖いもの見たさ...

怖い浮世絵

会期終了北斎漫画~森羅万象のスケッチ

開催期間:

『北斎漫画』は「冨嶽三十六景」とともに葛飾北斎(1760~1849)の名を世界中に広めることとなった絵本です。 文化11年(1814)、北斎が55歳の時に初編を手掛けて以降、その人気は北斎が亡くなっても衰...

北斎漫画~森羅万象のスケッチ

会期終了歌川広重 ~東海道五十三次と冨士三十六景

開催期間:

歌川広重(寛政9年~安政5年、1797~1858)は、風景画の第一人者として幕末に人気を誇った浮世絵師です。 1830年代、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」の人気...

歌川広重 ~東海道五十三次と冨士三十六景

会期終了歌川国貞~和の暮らし、和の着こなし。

開催期間:

歌川国貞(1786~1864)は、当時の浮世絵界のリーダー的存在であり、その人気は北斎や広重、国芳さえも大きく上回っていました。国貞は、歌舞伎役者を...

歌川国貞~和の暮らし、和の着こなし。

会期終了生誕290年記念 勝川春章 ―北斎誕生の系譜

開催期間:

勝川春章(かつかわしゅんしょう 1726?~1792)は、人気の歌舞伎役者や力士たちを、似顔絵を用いた写実的な作風で描き、一世を風靡した浮世絵師です。 ...

生誕290年記念 勝川春章 ―北斎誕生の系譜

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE