美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

日本の現代アートがここにある!
高橋コレクション・マインドフルネス2017

山形美術館

  • 開催期間:2017年7月22日(土)〜2017年8月27日(日)
日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017 山形美術館-1
日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017 山形美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

鶴岡市生まれの精神科医高橋龍太郎は、1997年頃から本格的に現代美術作品の収集を開始した。1990年代以降の日本の現代美術を俯瞰できるコレクションとして、これまで国内外で展覧会が開催され、その重要さが認識されている。収集は現在も続けられ、その数は2500点を超える膨大なものとなっている。

本展では、高橋コレクションの原点である草間彌生にはじまり、1980年代から2010年代を代表する辰野登恵子、畠山直哉、奈良美智、村上隆、会田誠、山口晃、鴻池朋子、加藤泉、そして宮島達男、中山ダイスケ、三瀬夏之介、近藤亜樹、高松和樹、梅津庸一ら東北芸術工科大学および山形にゆかりのある若手作家まで、日本の現代美術の多様な展開を紹介する。

「マインドフルネス」という言葉は、「現実をあるがままに受け入れる、気づき」という意味である。そこには、東日本大震災を経験したわれわれこそ、アートに対する根源的な問いかけが必要である、との高橋龍太郎氏の強い願いが込められている。時代の心を映し出す高橋コレクションを通じ、日本の現代美術の醍醐味を鑑賞する機会とする。

出品作家
会田誠、青山悟、池田光弘、梅津庸一、岡﨑乾二郎、岡村桂三郎、小沢剛、小谷元彦、加藤泉、草間彌生、鴻池朋子、五木田智央、小林正人、近藤亜樹、坂本夏子、高松和樹、田口和奈、辰野登恵子、千葉正也、Chim↑Pom、チームラボ、照屋勇賢、中村一美、中山ダイスケ、奈良美智、名和晃平、蜷川実花、橋爪彩、畠山直哉、町田久美、三瀬夏之介、宮島達男、村上隆、村山留里子、毛利悠子、山口晃

開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年7月22日(土)〜2017年8月27日(日)
会場山形美術館 [MAP]
住所 山形県山形市大手町1-63
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※7月24日、31日、8月7日、14日、21日
観覧料 一般 800円(1,000円)
高校・大学生 600円(800円)
小・中学生 300円(500円)
  • ※税込み、( )内は当日料金、土曜日は中学生以下無料
    ※20人以上の団体は2割引き、障害者割引、優待カード有効
TEL023-622-3090(代表)
URLhttp://www.yamagata-art-museum.or.jp/

山形美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

山形美術館 山形美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
山形県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE